FXの神髄

FXの神髄

じり高の行方(ゆくえ)

バイイング・クライマックス:じり高になった際の、相場の行方について、説明しています。二パターンあり、急騰、反落になる。また、その後の行方と、注意点についてを述べている。その中でも、「窓埋め」に注目したい。大陰線、第陽線、連続陽線、連続陰線など。
FXの神髄

2月から4月の相場傾向

2月~4月の相場の流れを説明している。ファンダメンタルだけでなく、9月や新年の中間決済、財務会計は相場は大いに影響を受ける。
FXの神髄

「ポジション取り」と「利食い」のタイミングについて

裁量トレードをしていると、沢山の失敗や反省をします。特に私の場合は、「ポジションを取るときのタイミング」「利食いをするときのタイミング」について、制度を上げる必要があります。
FXの神髄

「アゲンスト」の時どうするか?

「損切り」「切り返し」の基本