神髄

スポンサーリンク
神髄

アメリカの過去の「インフレ」について

FRBの過去のインフレ抑制失敗についての歴史について。パウエル議長が夏のジャクソンホールにて、まずはインフレ抑制第一、今は景気後退は次の話、ということをは言い、しばらく様子見。景気回復のための金利を下げることは、すぐには行わないと表明した。
神髄

アメリカの過去の「リセッション」について

FRBパウエル議長が、インフレがある程度おさまっても、様子を見る。すぐに利下げをしたりはしない。この言葉によって、マーケットがものすごく反応した。反応している。またFRBの過去の失敗例の話をしていた。過去のマーケットの下げについて〇%かについて。
トレード日記

トレードでは、見逃し三振はない!

あの投資の神様が言ったそうな。「トレードに三振はない」なんて素敵な言葉だ。とても的を得ている格言だ。野球で見送りは、バッターアウトだ。しかしトレードでは、何も減ることはない。次への持越しで、生き残る術でもあり、次のチャンスはいつでもある。
神髄

爆益した分をなくした時に思うこと

私の「コツコツどかんをなくす方法」の考察です。誰もが通る道だが、これを克服しないと市場からいなくなります。負けたままで終わります。負け方は決まっています。負けパターンをしないために、失敗からいろんな方法を試し、挑戦するしかありません。
神髄

勝ったら勝った分だけ出金せよ

自分の負けを理解せよ!それをしないことが、勝ち、価値がある。資金を貯めるコツでもあるし、生き残れる術である。調子に乗って、「コツコツどかん」にならないように!
トレード日記

ファンダメンタルズとテクニカルどっち?

相場を考える時、ポジションを持つときに、リスクを取るときに、考えるファンダメンタルズ分析とテクニカル分析。どっちを重要視すればいいのか。比重をおけばいいのか。今の相場のテーマはなんなかを押さえ、金利と業績の重要視度合いについても書いています。
神髄

6月の相場(欧米勢の中間決算)

6月までトレンドが発生していても、6月はいったん調整になりやすい。それはなぜか?という話をしている。ただし、当然相場には絶対というものはないので、あくまでも頭に入れて置く、ということで6月相場に備えておきたい。
神髄

3月の相場(レパトリ)

3月の相場は「レパトリエーション」を考えなければならない。レパトリとは何か。レパトリが起こるとどうなるのか。レパトリが発生するタイミングは?これを知っているのと知らないのとでは、トレードの優位性が違うことになる。まずは基礎からという人のために。
神髄

大相場でのトレードの注意点

上昇トレンドやレンジが続くと、値幅的には落ち着いた感じになるが、いつ何時「大相場」があるかもしれない、来るかもしれない、という危機感を持つ事は大切である。その注意点について。
神髄

大きなイベントがある前の相場(米大統領選)

今年最大のビックイベントの米大統領選を1週間前にひかえ、これまでの動きや、大衆の声、これからの動きについて、いろんな人がいろんな事を言う中で、されど1週間にしたい。トレードはどうしたほうがいいのか?また結果が出たあとも、使えるものにしたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました