安心できるエントリー場所について

トレード日記

私は好きな相場はレンジの時

そこを狙うことが多い

 

なぜか?考えると

外れても戻ってくるということがあるから

 

トレンド時でも、押し目買いとかがあるように

戻ってくることはある

しかし、それはいつなのか?何pips後なのかわからないから怖い

 

日本人は逆張りがすきという話がある

 

これは欲張り精神もあると思う

ここらで反転するから、そこの頭を、または尻尾を取ろう!、とする考えがある、と思われる

 

この欲張りというのは、頭と尻尾はくれてやれ、に反することでもある

 

もう一つ、先ほど言ったレンジの時を考えてみると

戻ってくるだろうという安心が欲しいというところもあると思う

いわゆる安心し思考である

 

じゃあ、トレンド時には安心はないのか?

と考えると、トレンドするだろうと安心があれば、エントリーできる、もちろんそれでも損切は入れないといけないが

 

そう考えると、レンジ時でも同じ

いつ何時、レンジが崩れるかもしれないので、損切りは必須だ

 

そうそう考えると、レンジが好きとも言えなくなり

結局、トレンドでもいいということになる

 

そうそう考えると、トレンド時でも、レンジ時でも

確信めいたことがない限り、エントリーはしてはいけない、となる

 

これはトレードの基本中の基本である

期待値が高くないとエントリーしてはいけない

ここでエントリーする説明ができないならば、エントリーするべきではない

 

やっぱり、まだまだ自分自身手法ということはまだわかっていないのだろう、と思ったりする

自分では説明できるつもりでもいるが、結局は目先の動きに惑わされている、ということでもあろう

 

ここで今の手法を一部あえて説明してみたい

 

1,重要指標時にはポジションを解消して、発表が終わって、チャートの流れが出てからエントリーする

2,4時間足、8時間足、の切り替わる時間帯〇時45分~〇時15分くらいにエントリーとクローズをする

3,ひげの部分を考えて、順張りするか、逆張りするか考えて、できるだけ損失額(pips数)を減らす

4,4時間足、8時間足、の途中でエントリーしたいときには、低ロットで行い、ナンピンしても普通のロット数以内の範囲までで、次もナンピンしたいなら、次のローソクが出るまでエントリーしない。その間、損切りするのか考えること

5,必ず、長い時間軸で大きな流れを確認してから、エントリーすること

 

話しをもとに戻すと、こういう自分の手法やマイルールをもとに、安心できる、期待値が高い時のみエントリーするということ

 

自分なりに安心できる場所でエントリーすること

それがレンジだろうと、トレンド時であろうと

 

そこならハイレバも試してもいいと思う

 

でもさらに言うと、ハイレバも自分が調子に乗りすぎていないか?

負けても大丈夫なのか?

後悔はしないか?

 

本当にするべき時なのか?

さらに慎重になるべきだ

 

基本は低レバレッジで、コツコツと

投資はコツコツが基本

 

欲張りや、焦りは禁物!

をもう一度自分に言い聞かせて

 

本日は終了したい

コメント

タイトルとURLをコピーしました