スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。

FX【豪ドル円(AUD/JPY)】デイトレで勝つ「予想と戦略の建て方、行動の仕方」 2019-7-19(金)

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

↓同じ内容を「動画でも配信しています♡」読むのが、めんどい人は、これでもいいかも。
(「チャンネル登録」すると、情報が更新された時に、自動に通知がいくので、便利です♡)

 

好評につき♡最近「音声付き」にもしましたよ)

 

スポンサーリンク
OANDA Japan MT4
スポンサーリンク
OANDA Japan MT4

前日の日足(クローズ時点)

O(オープン)「75.665」~C(クローズ)「75.908」で、値幅は「0.243」。

 

H(高値)「75.984」~L(底値)「75.409」で値幅は「0.575」.

 

 

日足は、陽線になった。

 

 

前日とこれまでの流れと分析

前日の流れを引き継ぎ、大きく下落し、75.40近くまで下がったが、東京時間の11時には急上昇し始めた。

 

欧州時間には、継続上昇。

 

NY時間には、高値でレンジ。結局長い下ひげの陽線でクローズした。

 

本日東京時間もその流れを引き継ぎ、上昇しい、76.10までの高値をつけた。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※ (【重要度3】以上を掲載)

 

 

7/19(金)

☆日本、消費者物価指数(08:30)【重要度3】

☆カナダ、小売売上高(21:30)【重要度3】

☆アメリカ、ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)【重要度4】

 

 

チャート分析(公開時点現在での、事実だけを分析する)

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にする。

(個人的な視点や考えを入れない)

 

 

「1時間足」:

雲の上にある。

(MACDは、プラス圏。スローストキャスティクスは、70。)

 

 

「4時間足」:

雲の上にあり、雲の上dえレンジ中、。

(MACDは、プラス圏。スローストキャスティクスは、80。)

 

 

「8時間足」:

雲の上にあり、横ばいレンジ中。

(MACDは、マイナス圏。スローストキャスティクスは、70。)

 

 

「日足」:

雲の中に入った。

(MACDは、プラス圏。スローストキャスティクスは、70。)

 

 

「週足」:

先週は下ヒゲ陰線が出ている後の、本日週末。現在は、陽線形成している。

雲の下にあり、1月のフラッシュクラッシュの下ヒゲ部分に位置している。

(MACDは、プラス圏。スローストキャスティクスは、30。)

 

 

「月足」:

現在、雲の下にあり、1月のフラッシュクラッシュの下ヒゲの部分に位置している。

先月は、小幅だが、下ヒゲ陽線(75.744)で終え、今月は、窓開け上昇(76.074)で始まっている。7月中盤現在は陰線。

2016年の8月前後の、月足の下ヒゲの底値(サポートライン)の辺りに現在あって、一旦ここで上昇するか、そのまま継続下落するのか、注目する地点!

(MACDは、マイナス圏。スローストキャスティクスは、40。)

 

 

今日の予想値

1、上昇の場合(レジスタンス)

「76.15」

「76.30」

「76.80」

 

 

2、下落の場合(サポート)

「75.65」

「75.40」

「75.10」

 

 

3、レンジ幅

小幅の場合:「75.65」~「76.15」
中幅の場合:「75.40」~「76.30」
大幅の場合:「75.10」~「76.80」

 

 

予想とポジション取り(公開時点での)

1、チャート動きと予想

「レンジ」>「上昇」>「下落」

※ >>>~>(強弱)

 

小幅の場合:「75.65」~「76.15」
中幅の場合:「75.40」~「76.30」
大幅の場合:「75.10」~「76.80」

 

 

2、攻めるなら

1、「75.70」で買い

2、「75.60」で買い

3、「75.40」未満で一旦撤退

4、「76.05」で売り

5、「76.15」で売り

6、「76.30」超えで一旦撤退

 

 

3、安全を取るなら

1、「75.80」辺りで買い、「75.50」未満で一旦撤退。

2、「76.10」辺りで売り、「76.30」で一旦撤退。

 

 

4、「日足」を中心に見る、これからの予想と戦略の基盤

※本日は週末、現在週足は陽線で、オシレータも上を目指していて、陽線形成しそうではある。これから、76.15を上に向かっていけば、上昇トレンド発生可能性大。

※しかし、月足ではまだ陰線であり、オシレータもまだ下向きではある。今日で中盤が終わり、来週から終盤へむかうが、月足のクローズも視野に入れておくこと。

1、基本的には買いが優勢。

2、しかし、これまで上にいては下がり、下がっては上昇してのレンジが続いていることから、げらくもあり得る。

3、上昇トレンド発生は76.25を超えると、下落トレンドは75.10未満、と見ている。

 

 

 

注意点や戦略

NYダウ、原油、金の動き(公開時点)

NYダウは、プラス。
原油は、マイナス。
金価格は、プラス。

 

NYダウは、高値を更新した。

原油は、上昇気味。

金価格は、上昇。

 

 

ポジション取り

基本は買い貴重だと考えるので、下がったところ75.75近くまで引きつけて買い。

 

もしくは、これから上昇し、トレンド発生したら、その名gれに従って。

 

 

利確と損切り

買いの軽めの損切りは、75.80、75.60未満を見ている。

 

売りの損切りは、76.20を超えてきたら。

 

上昇した場合は、買いポジションは保有でも。

 

 

※損切りのラインは、予想が当たっていても、多少の誤差が生じるので、「行って来い」(レンジなど)の場合に、引っ掛かって、もったいないことになったりする事もあるので、「余裕」を持って、行うべきです。

 

以上の内容を、動画にまとめたものがこれです↓

 

上記の内容を読んだあと、動画でももう一度、みる、聴くと(ラジオ的にも)、自分のトレードが決まりやすいと思います。

 

「チャンネル登録」すると、毎日更新された瞬時に、自動に通知が送られるので、たいへん便利です♡
よろしくお願いします♡

 

↓下の本は、私が参考にしている「水上紀行(みずかみのりゆき)」氏の本です。

私は、水上氏の話で、「チャートの動きが、なぜこう動いているのか(ロスカットや損切りによる動きなのか?ポジションがどう偏っているのか?現在は、スクウェアなのか?」の話が、特に好きです♡

「参考」にしてみるのもいいと思います。

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました