スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。

「ポジション取り」は「ワンクッション」~何となくポジションを持つな~

FXの神髄

ポジション取りは、「最適な時にポジションを取るべき」である。

 

なんていう事をいうと、「当たり前だろ」、という答えが変えてくるだろう。

 

そうです。当たり前です。しかし、そのポジションを本当に最適なポジション取りですか?、と自分がポジションを取るときに、自問自答をして、ポジションを取りましょう。

 

ただ、何となくとか、感覚で、ポジションを取るのは少しだけ、ワンクッション考えて、という事。

 

 

スポンサーリンク
OANDA Japan MT4
スポンサーリンク
OANDA Japan MT4

マーケットの特徴

特に市場、一日のなかでは、そのマーケットの特徴ということがある。

 

東京時間、欧州時間、NY時間の事である。(先に言うが、以下は概略的な事で、全てに当てはまる事ではない。)

 

東京時間

東京時間は、9時から15時の事であり、一日の流れで言えば模索状態。

 

前日NY時間の動き、NYダウがプラスだったか、マイナスだったかに影響を受けやすい。

 

前日NYダウが、プラスならリスクオン。マイナスならリスクオフ。

 

また、10時から11時台までの午前中に、値動きがある。

 

午後(15時まで)は大して激しさはない。

 

 

欧州時間

欧州時間は、16時から22時くらいであり、「アーリーバード(早起き鳥)」と呼ばれる人たちが、東京時間のポジションを崩しにかかる(「刈り取る」イメージだ)。

 

順張りの場合もあるし、逆張りの場合もある。

 

特に、17時くらいから19時前後に、「これでもか!」って言うくらいに、東京で積みあがったポジションを「刈ってくる」。

 

私がここでいう「刈ってくる」というのは、草刈りのようなイメージ。

 

根こそぎ刈ってくる。

 

 

NY時間

NY時間は、23時から、05時の時間帯であり、言わずと知れた、前に発表された、欧州の指標や、アメリカの重要指標が発表され、それを受けた値動きとなってくる。

 

スタート時から前日のNYダウ値(クローズ)から、離れて動く場合も多い。

 

23時から01時までは、一方向へ動く値動きになり、それ以降は逆の動きになる事もある。

 

また、終始、一方向へ動く値動きになる場合もある。

 

特にFOMCが発表される03時頃には、注意が必要でもある。

 

NY時間は、日本ではグッスリ就寝時間になっているので、レバレッジが高いポジションを持っていると、「ロスカットされた」というのは、よくある事。

 

 

という具合に、マーケットによって性格がある。

 

よってポジションを取るときには、思い立った時には、まずはその「ポジションを取る時の時間帯は?」、「数時間後には最悪こういう動きがあり得るかも?」ということを想定して、ポジションを持った方がいい。

 

「ポチッ」とする前にワンクッション間をおいて、考えてポジションを持とう、という事です。

 

 

しかし、冒頭でも述べたように、上記に記したことが全てに当てはまる事ではないので、注意をする事。

 

ちなみに、私が現在感じているのは、2019年1月のフラッシュクラッシュ以来、今日現在(2019年4月19日)まで、東京時間の流れを引き継いで、欧州勢も動いている事が多い。

 

これもテクニカル面で言えば、チャートのただの流れでしかない
↓YouTube動画もぜひ見てみてください♡
(チャンネル登録もよろしくお願いします♡やる気倍増します)
https://youtu.be/P4i3eBXgr7A
自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました