スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 2-4 「動画も配信」

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

 

 

↓動画配信しています

2019-02-04 FX 今日の戦略 ( デイトレ )
FX:「今日のチャート分析、あの日のチャート」 おはようございます kame group の 亀1000人 です 2019年2月4日 今日の予想と戦略 ( デイトレ )をお送りします このサイトは、「FXで勤め人+αが最強 または 卒業して余裕時間」の使命をもって配信しています。 この動画は、後で見てもその日の視...

 

 

 

前日の日足

O(オープン)「79.182」~C(クローズ)「79.361」で、値幅は「0.179」。

 

H(高値)「79.602」~L(底値)「78.713」で値幅は「0.872」。

 

日足は、陽線になった。

 

 

これまでの流れと分析

先週末、朝方下がり始め、東京時間の13時までは「78.75」辺りまで下がった。

 

しかし欧州時間は、定例という感じの東京時間とは逆に動き始め上昇。「79円台」を回復した。

 

NY時間は、指標が発表されると、急上昇して、「79.60」まで上がった。しかし、クローズ時間には利食いの調整が入り、「79.35」まで下がった。

 

こういうクローズにつれ、日足で見るヒゲを作る部分で、調整して下がるところがおいし所。(これが利益を重ねる秘訣である)

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※ (【重要度3】以上を掲載)

 

2/4(月)
☆アメリカ・PCEデフレータ(00:00)【重要度4】
☆アメリカ・個人所得・支出(00:00)【重要度3】
☆アメリカ・実質GDP(00:00)【重要度5】
☆アメリカ・小売売上高(火曜日の00:00)【重要度5】
☆アメリカ・住宅着工件数(火曜日の00:00)【重要度3】
☆アメリカ・耐久財受注(速報値)(火曜日の00:00)【重要度4】
☆アメリカ・耐久財受注(確報値)(火曜日00:00)【重要度4】
☆カナダ・国際商品貿易(火曜日の00:00)【重要度3】
☆アメリカ・製造業新規受注(火曜日の00:00)【重要度3】
☆アメリカ・卸売在庫(火曜日の00:00)【重要度3】

 

 

チャート分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

雲の上を上昇している。

「上昇基調」

(MACDは、プラス圏。RSIは、上から70%まで落ちてきた。)

 

 

「4時間足」:

雲の上を上昇中

MACDは、プラス。RSIは、70%を横ばい。)

 

 

「8時間足」:

厚い雲の上を上昇して、落ちない形。

MACDは、プラス圏。RSIは、70%に上昇している。)

 

 

「日足」:

下る階段状の雲の切れ目に差し掛かっている。

上昇基調

MACDは、プラス圏。RSIは、70%まで上昇中。)

 

 

「週足」:

陽線が4週連続出た

「上昇基調」

(MACDは、マイナスから幅が狭くなってきている。RSIは、50%に上昇した。)

 

 

「月足」:

小さい陽線形成中。

(MACDは、マイナス圏から0へ。RSIは、30%上を横ばい中。)

 

 

今日の予想値からの戦略へ

上昇の場合

「79.60」「79.75」「79.95」「80.05」

 

 

下落の場合

「78.65」「78.20」「77.60」「76.00」

 

 

レンジ幅

小幅の場合:「78.65」~「79.60」
中幅の場合:「78.20」~「79.75」
大幅の場合:「77.60」「76.00」~「79.95」「80.05」

 

 

結論

1、予想

「下落」>「レンジ」>「上昇」
※ >>>~>(強弱)

 

小幅の場合:「78.65」~「79.60」
中幅の場合:「78.20」~「79.75」
大幅の場合:「77.60」「76.00」~「79.95」「80.05」

 

 

2、攻めるなら

1、「79.60」に近づけて、売り

2、「79.95」までナンピン売り、それ以降は様子見。

 

 

3、安全を取るなら

1、「79.60」にできるだけ近づけて、売り

 

 

注意点

NYダウは、プラス。(雲の上を抜けた)
原油は、プラス。(雲の中を上昇中)
金価格は、マイナス。(しかし堅調に上昇している)

 

リスクオンな雰囲気が漂っている

 

 

ポジション取り

上記のチャートの時間軸では、完全に現在、上昇基調。
よって、基本は買いだが、できるだけ引きつけて「売り」ポジションを持ちたい。
理由:こういう時こそ、ストンと下落が起きるものである。

 

 

利確と損切り

買いポジションは小まめに利確

買いポジションこそ、しっかり「損切りを入れる事」

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました