スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。

今週の予想と戦略 2-4-8 「動画も配信」

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

 

 

↓動画配信

FX 今週の予想と戦略 2019-2-4-8
こんばんは 亀1000人 です FXで勤め人+αが最強 または 卒業して余裕時間 今週の予想と戦略 ( スイング ) 2019-2-4-8をお送りします この動画は、後で見てもその日の視点からの ”備忘録” にもなります。 いえば "ポ-トフォリオ" にもなります。 亀1000人の予想が当たるかどうかは関係なく、...

 

 

 

今週のイベント(ファンダメンタル)

今週の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上のみを掲載)

 

 

2/4(月)
☆アメリカ・PCEデフレータ(00:00)【重要度4】
☆アメリカ・個人所得・支出(00:00)【重要度3】
☆アメリカ・実質GDP(00:00)【重要度5】

☆アメリカ・小売売上高(火曜日の00:00)【重要度5】

☆アメリカ・住宅着工件数(火曜日の00:00)【重要度3】

☆アメリカ・耐久財受注(速報値)(火曜日の00:00)【重要度4】

☆アメリカ・耐久財受注(確報値)(火曜日00:00)【重要度4】

☆カナダ・国際商品貿易(火曜日の00:00)【重要度3】

☆アメリカ・製造業新規受注(火曜日の00:00)【重要度3】

☆アメリカ・卸売在庫(火曜日の00:00)【重要度3】

 

 

2/5(火)
☆豪・小売売上高(09:30)【重要度3】

☆豪・小売売上高(インフレ調整前)(09:30)【重要度3】

☆豪・中銀政策金利(12:30)【重要度4】

☆アメリカ・ISM非製造業景気指数(00:00)【重要度5】

☆ブラジル・中銀政策金利(00:00)【重要度3】

 

 

2/6(水)
☆インド・中銀政策金利(18:00)【重要度3】
☆南ア・SACCI景況感指数(18:30)【重要度3】
☆アメリカ・非農業部門労働生産性指数(22:30)【重要度3】
☆カナダ・住宅建設許可(22:30)【重要度3】
☆アメリカ・貿易収支(00:00)【重要度4】
☆カナダ・lvey購買担当者景況感指数(00:00)【重要度3】
☆アメリカ・週間石油在庫統計(00:30)【重要度3】

 

 

2/7(木)
☆NZ・雇用統計(06:45)【重要度3】
☆インド・中銀政策金利(18:00)【重要度3】
☆英国・英中銀政策金利(21:00)【重要度5】
☆アメリカ・新規失業保険申請件数(22:30)【重要度3】
☆アメリカ・卸売在庫(00:00)【重要度3】

 

 

2/8(金)
☆日本・国際収支(08:50)【重要度3】
☆カナダ・住宅着工件数(22:15)【重要度3】
☆カナダ・雇用統計(22:30)【重要度3】

 

 

先週の振り返り(1-28-1)

先週の私的なつぶやき

①先週の「今日の戦略(デイトレ)」振り返り
デイトレ「予想部屋」の自己評価についての結果を、良い5~悪い1の5段階評価の結果を考えたい。

 

【先週の結果】:
月曜日:自己評価2
火曜日:自己評価3
水曜日:自己評価1
木曜日:自己評価4
金曜日:自己評価5

平均自己評価「3.0」となり、今週はまずまずの結果となった。

私的には、「3.0」を超えればまずまず、「3.5」を超えれば上等。
※自己分析:「売り」が好き

 

 

②先週の「今週の予想」の振り返り

先週の予想からの反省:

①上値は重いと見ながらは、当たっているが、どうも「売り」が好きなので、下落の事ばかり考えていた。→望んでいたから予想もそうなる。

②しかし、後半から頭を切り替えて、事実から、目の前のチャートから普通に素直に考えて、上昇と切り替えることができた。


ハズレ、自己評価2。
またまた、ハズレ。スイングは本当に難しいな。

時間軸が長くなればなるほど、難しい。

 

長期金利を読むことと同じ。

 

 

先週の「流れ」と「週足」

先週の流れ(日足を見ての曜日ごとのストーリー)

月曜日は、先週末の調整の超小幅の陰線。
火曜日は、前日と同じ調整の超小幅の陰線。
水曜日は、反発の上昇陽線。
木曜日は、その勢いの陽線。
金曜日は、トレンドの陽線。

 

「流れは上昇トレンド」

と、大衆がそろそろドカンと下落するか?と言う思いがあったが、下支えをして、どんどん登っていく。

 

あの正月の超下落は何だったんだ?と思わせる。

 

 

先週のローソク足「週足」について

「週足」のローソク足は、「下ヒゲ陽線」となった。

 

O(オープン)「78.594」~C(クローズ)「79.361」で、値幅は、「0.767」になっている。

 

H(高値)「79.602」~L(底値)「77.902」で、最大値幅は「1.7」であった。

 

 

ローソク足の分析①「日足」

日足から考えるパターン

①上昇トレンドとなって、雲を突き抜けていく。

②雲の切れ目でレンジして、下落。

(MACDは、プラス圏。RSIは、70%へ向かっている。)

 

 

上昇する場合

「79.60」「79.95」「80.30」

 

 

下落する場合

「78.60」「78.25」「77.70」「77.50」

 

 

レンジ幅

小幅の場合:「78.60」~「79.60」
中幅の場合:「78.25」~「79.95」
大幅の場合:「77.70」「77.50」~「80.30」

 

 

ローソク足の分析②「週足」

週足から考えるパターン

①上値は重いが、小幅の上昇。

②先週の値幅を越えきれず、レンジして下落。

(MACDは、マイナス圏。RSIは、50%に達した。)

 

 

上昇する場合

「79.75」「80.15」「80.45」

 

 

下落する場合

「78.60」「78.25」「77.60」

 

 

レンジの場合

小幅の場合:「78.60」~「79.75」
中幅の場合:「78.25」~「80.15」
大幅の場合:「77.60」~「80.45」

 

 

ローソク足の分析③「月足」

月足から考えるパターン

①上昇して、下落する。

②レンジ

 

 

陽線の場合

「79.60」「79.90」「80.20」「80.45」

 

 

陰線の場合

「77.50」「77.25」「76.90」

 

 

結論(今週の予想)

上昇と見せかけて、下落。
一旦上昇して、下落する。

 

 

注意点

NYダウは、プラス。(雲を抜けた)
原油は、プラス。(雲の中を上昇中)
金価格は、マイナスだが、上昇中。

 

どれもいずれも上昇基調

 

 

ポジション取り

流れは上昇トレンド

よって、買いポジションが基本

 

 

利確と損切り

しかし、大衆がそう思っている時こそストンがあるとみている。

要注意!

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました