スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。

今日の戦略(デイトレ) 1-28 「動画も配信」

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

↓動画配信しています

FX 今日の戦略 ( デイトレ ) 2019-01-28
おはようございます 亀1000人 です FXで勤め人+αが最強 または 卒業して余裕時間 今日の予想と戦略 ( デイトレ ) 2019-1-28 をお送りします この動画は、後で見てもその日の視点からの ”備忘録” にもなります。 いえば "ポ-トフォリオ" にもなります。 亀1000人の予想が当たるかどうかは関...

 

 

前日の日足(朝方6時頃時点)

O(オープン)「77.747」~C(クローズ)「78.622」で、値幅は「0.875」。

 

H(高値)「78.831」~L(底値)「77.508」で値幅は「1.323」。

 

日足は、陽線になった。

 

 

これまでの流れと分析

前日下落した流れを引き継ぎ、8時頃まで、下を攻めたが「77.508」が限界。

 

東京時間がオープンした後は、少しずつ上げた。

しかし東京時間では、78円台を抜けきれず、欧州時間へ持ち越した。

 

欧州時間でも、なかなか78円台を攻めたが、難しかった。

しかし、20時頃から、抜け出した。

22時には「78.40」台に乗せた。

 

NY時間は、そのまま上昇し、「78.831」まで行った。

クローズに向け、少し下がって、閉じた。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※ (【重要度3】以上を掲載)

 

1/28(月)
☆アメリカ、小売売上高(00:00)【重要度5】
☆アメリカ、住宅着工件数(00:00)【重要度3】
☆英国、ネーションワイド住宅価格指数(00:00)【重要度3】
☆アメリカ、対米証券投資(00:00)【重要度3】
☆アメリカ、耐久財受注(00:00)【重要度4】
☆アメリカ、卸在庫(00:00)【重要度3】
☆アメリカ、新築住宅販売件数(00:00)【重要度4】

 

 

チャート分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

「1時間足」:

雲を抜け上昇している。

トレンド発生

(MACDは、プラス圏。RSIは、70%を超えた。)

 

 

「4時間足」:

雲の中にいる

若干抜けたが、これからはまだ読めない。

読むとしたら、オシレータ↓

MACDは、プラス圏。RSIは、60%くらいで上昇中。

 

 

「8時間足」:

厚い雲いタッチするところで、少しは跳ねた感じ。

しかし、レンジ。

(MACDは、フラット。RSIは、50%。)

 

 

「日足」:

全体的にはレンジ

MACDは、プラス圏。RSIは、60%。)

 

 

「週足」:

下ヒゲ陽線だが、十字架状になっている。

MACDは、マイナス圏RSIは、40%くらい。

 

 

「月足」:
長い長い下ヒゲの陽線。

上昇基調

今週で、下落した場合、月のオープン時「77.242」に達するかが、今後の動向にとって、重要な場面である。
(MACDは、マイナス圏。RSIは、40%辺りを横ばい。)

 

 

今日の予想値からの戦略へ

上昇の場合

「79.00」「79.10」「79.95」「80.15」「80.45」

 

 

下落の場合

「77.50」「77.25」「77.05」「76.00」

 

 

レンジ幅

小幅の場合:「77.50」~「79.00」「79.10」
中幅の場合:「77.25」「77.05」~「79.95」「80.15」
大幅の場合:「76.00」~「80.45」

 

 

結論(朝方時点)

1、予想

「レンジ」>「上昇」>「下落」
※ >>>~>(強弱)

 

小幅の場合:「77.50」~「79.00」「79.10」
中幅の場合:「77.25」「77.05」~「79.95」「80.15」
大幅の場合:「76.00」~「80.45」

 

 

2、攻めるなら

1、「77.50」に近づけて、買い、小まめに利確

2、「79.00」に近づけて、売り、「79.20」を上に攻めたら、損切り

3、「79.20」を超えたら、買い

 

 

3、安全を取るなら

1、「78.50」に近づけて、低レバレッジで買い、「損切り」を入れる

 

 

注意点

NYダウは、100ドル以上プラス。(下から、雲にタッチした。)
原油は、プラス。(下から、雲の中に入ってきた。)
金価格は、プラス。(先週末、大きく上昇した。)

 

3つとも上昇している。

どちらに資金が流れているのだろうか?

「金」が結構上昇したので、やはり金か?

 

 

ポジション取り

上昇基調は、チャートからも読み取れるので、買い目線。

 

しかし、大衆がそう思っている時こそが、要注意!

週末にかけてのポジションは、チャートの動向(流れ)からによる。

 

 

利確と損切り

上昇基調だが、上値が重いので、ストン(下落)には注意したい。

よって、買いは小まめに利確。

また、それが、益々上昇へつながることになることもある。

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました