スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今週の予想 1-28-1 「動画も配信」

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

 

 

↓動画配信

FX 今週の予想と戦略 2019-01-28-1
こんばんは 亀1000人 です FXで勤め人+αが最強 または 卒業して余裕時間 今週の予想と戦略 ( スイング ) 2019-1-28-1 をお送りします この動画は、後で見てもその日の視点からの ”備忘録” にもなります。 いえば "ポ-トフォリオ" にもなります。 亀1000人の予想が当たるかどうかは関係な...

 

 

 

今週のイベント(ファンダメンタル)

今週の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上のみを掲載)

 

1/28(月)
☆アメリカ、小売売上高(00:00)【重要度5】
☆アメリカ、住宅着港件数(00:00)【重要度3】
☆英国、ネーションワイド住宅価格指数(00:00)【重要度3】
☆アメリカ、対米証券投資(00:00)【重要度3】

☆アメリカ、耐久財受注(00:00)【重要度4】

☆アメリカ、卸在庫(00:00)【重要度3】

☆アメリカ、新築住宅販売件数(00:00)【重要度4】

 

 

1/29(火)
☆NZ、貿易収支(06:45)【重要度3】
☆アメリカ、S&Pケースシラー住宅価格(23:00)【重要度3】
☆アメリカ、コンファレンスボード消費者信頼感指数(00:00)【重要度4】

 

 

1/30(水)
☆豪、消費者物価指数(09:30)【重要度4】
☆ドイツ、GfK消費者信頼感調査(16:00)【重要度3】
☆ユーロ、消費者信頼感指数(19:00)【重要度3】
☆ドイツ、調和消費者物価指数(22:00)【重要度3】
☆アメリカ、ADP雇用者数(22:15)【重要度4】
☆アメリカ、実質GDP(22:30)【重要度5】

☆アメリカ、中古住宅販売製薬指数(00:00)【重要度4】

☆アメリカ、週間石油在庫統計(00:00)【重要度3】

☆アメリカ、FRB政策金利(04:00)【重要度5】

 

 

1/31(木)
☆日本、鉱工業生産(08:50)【重要度3】
☆英国、GfK消費者信頼感調査(09:01)【重要度3】
☆中国、製造業PMI(10:00)【重要度3】

☆ユーロ、雇用統計(19:00)【重要度3】

☆ユーロ、実質GDP(19:00)【重要度4】

☆アメリカ、雇用コスト指数(22:30)【重要度4】

☆アメリカ、PCEデフレータ(22:30)【重要度4】

☆アメリカ、個人所得支出(22:30)【重要度3】

☆カナダ、実質GDO(22:30)【重要度3】

☆アメリカ新規失業保険申請件数(22:30)【重要度3】

☆アメリカ、シカゴ購買部協会景気指数PMI(23:45)【重要度3】

 

 

2/1(金)
☆日本、雇用統計(08:30)【重要度3】
☆中国、財新製造業PMI(10:45)【重要度3】

☆ユーロ、消費者物価指数(19:00)【重要度3】
☆アメリカ、雇用統計(22:30)【重要度5】

☆アメリカ、ISM製造業景気酢数(00:00)【重要度5】
☆アメリカミシガン大学消費者信頼感指数(00:00)【重要度3】

 

 

先週の振り返り(1-21-25)

先週の私的なつぶやき

いやー先週は、私の好きな下落相場が始まりそうでしたが、そう易々とは相場は行きませんね。

 

週末には、NY時間に急騰しました。残念。

 

 

①先週の「今日の戦略(デイトレ)振り返り

デイトレ「予想部屋」の自己評価についての結果を、良い5~悪い1の5段階評価の結果を考えたい。

 

【先週の結果】:
月曜日:自己評価4
火曜日:自己評価4
水曜日:自己評価2
木曜日:自己評価4
金曜日:自己評価2

 

平均自己評価「3.2」となり、今週は最高に良い結果となった。
私的には、「3.0」を超えればまずまず、「3.5」を超えれば上等。

※自己分析:「売り」が好き

 

 

②先週の「今週の予想」の振り返り

先週の予想:
①上値は重いと見ているので、今週の「週足」ローソク足は陰線。

②今週の二日目くらいまでの、陰線。


ハズレ、自己評価2。

①はぜんぜんハズレ、やはりスイングは難しいな。
②はまあまあというところ。

今週(月末)辺り、下落すると、タイミングがずれている事になる。

 

 

先週の「流れ」と「週足」

先週の流れ(日足を見ての曜日ごとのストーリー)

月曜日は、超小幅の陰線。
火曜日は、小幅の陰線。
水曜日は、小幅の陽線。
木曜日は、陰線。
金曜日は、陽線。

 

「全体的にはレンジ相場」

と、大衆がそろそろドカンと下落するか?と言う思いがあったが、下支えをして、下落失敗。

下落できずに、結局週末金曜日のNY時間あたりから、上昇している。

全体的には、まだまだレンジの形だと見ている。

 

 

先週のローソク足「週足」について

「週足」のローソク足は、「若干の下ヒゲ陽線」となった。

 

O(オープン)「78.591」~C(クローズ)「78.622」で、値幅は、「0.031」になっている。

 

H(高値)「78.831」~L(底値)「77.508」で、最大値幅は「1.251」であった。

 

 

ローソク足の分析①「日足」

日足から考えるパターン

①週初めあたりは、上昇し「79円台」に乗せると、上昇トレンドが発生するパターン。
②「78円台」でレンジをして、下落を始めるパターン。
(MACDは、プラス圏。RSIは、50%を超えた所。)

 

 

上昇する場合

「79.00」「79.10」「79.95」

 

 

下落する場合

「77.50」「77.25」「76.05」「75.40」

 

 

レンジ幅

小幅の場合:「77.50」~「79.00」
中幅の場合:「77.25」「76.05」~「79.10」
大幅の場合:「75.40」~「79.95」

 

 

ローソク足の分析②「週足」

週足から考えるパターン

①「79円台」に乗せて、上昇基調のトレンド発生パターン。
②「79円台」に一旦乗せて、もしくは乗せようして下落が始まるパターン。
(MACDは、マイナス圏。RSIは、下から50%辺りまで来ている。)

 

 

上昇する場合

「79.35」「79.75」「80.15」

 

 

下落する場合

「77.60」「77.20」「77.05」

 

 

レンジの場合

小幅の場合:「77.60」~「79.35」
中幅の場合:「77.20」~「79.75」
大幅の場合:「77.05」~「80.15」

 

 

ローソク足の分析③「月足」

月足から考えるパターン

①8月~11月までの月足のローソク足の実体「79.50」まで上昇し、上昇トレンド発生するパターン。

見せかけて、「77.55」辺りまで大きく下落する。
②「79円台」に一旦乗せる、または乗せると見せかけて、「77.25」の月足のオープン時辺りまで下落するパターン。

 

 

陽線の場合

「79.50」「79.90」「80.20」「80.45」

 

 

陰線の場合

「77.50」「77.25」「76.90」

 

 

結論(今週の予想)

先週は、下落すると見ていたが、結局週末のクローズ時には、上昇し、週初めから見れば、「行ってこい」の形になった。

 

私の経験での話だが、自分が思っていたことが、ワンテンポタイミングがずれて、起こることが多いので、陰線となる。

 

ということで、結論にする。

 

また、そのほうが今後面白い、という事。

 

結論:上値は重いとみているので、今週の「週足」ローソク足は陰線。今月の「月足」は十字架になるだろう。

 

 

注意点

NYダウは、100ドル以上プラス。(下から、雲に達した。)
原油は週末は、プラス。(下から、雲の中に入った。)
金価格は、上昇基調。

 

どれもいずれも上昇基調

 

 

ポジション取り

現在、上昇基調中。

素直に、上昇基調のポジションを取りたいところだが、、、。

 

「大衆が安心している時こそ、怖いという経験がある。」

 

 

利確と損切り

上昇基調だが、上値は重い。

 

よって、買いは小まめに「利確」。

 

売りは、更なる上昇に対しての「損切り」を入れる事。

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました