スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 1-18 「動画配信」リニューアル

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

 

↓動画配信しています

FX 今日の戦略 (デイトレ) 2019-01-18
おはようございます 亀1000人 です FXで勤め人+αが最強 または 卒業して余裕時間 今日の予想と戦略 ( デイトレ ) 2019-1-918をお送りします この動画は、後で見てもその日の視点からの ”備忘録” にもなります。 いえば "ポ-トフォリオ" にもなります。 亀1000人の予想が当たるかどうかは関...

 

 

前日の日足(朝方6時頃時点)

O(オープン)「78.195」~C(クローズ)「78.60」で、値幅は「0.405」。

 

H(高値)「78.975」~L(底値)「77.758」で値幅は「1.217」。

 

日足は、陽線になった。

 

 

これまでの流れと分析

これまで、なかなか上がらず、下がらずの状態から、日足や週足から、もう上げきらないか?そろそろ下がる、と言う感じであった。

 

そのため、東京時間から、ジワジワ下がり始め16時頃には、底値の「77.758」をつけた。

 

16時以降は、下げの調整が終わったという事で、ジワジワ上がり始め、NY時間の3時ごろまで、ジワジワ上がり、「78.265」。

 

4時になると一気に突き抜けた。

 

「78.975」の高値になった。

 

①大衆が、これまでの流れでレンジだと思っていた事
②一応損切りラインを入れていたという事

 

 

での急騰だったと思われる。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※ (【重要度3】以上を掲載)

 

1/18(金)
☆日本消費者物価指数(08:30)【重要度3】

☆日本鉱工業生産(13:30)【重要度3】

☆英国小売売上高(18:30)【重要度3】

☆カナダ消費者物価指数(22:30)【重要度3】

☆アメリカ鉱工業生産指数(23:15)【重要度4】

☆アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(00:00)【重要度4】

 

 

チャート分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

「1時間足」:

雲の上を上昇している。

急騰後の現在、ボリンジャーバンドでは、買われ過ぎ状態だが、上値を伸ばす余地もあり形。
(MACDは、プラス圏。RSIは、70%を超えた。)

 

「4時間足」:

厚い雲の上をタッチするところで、伸びた。

雲の上を上がっている。

かなりの上昇圧力だという事が、感じられる。
(MACDは、フラット。RSIは、下から上向きで、60%辺りに来ている。)

 

 

「8時間足」:

少し上値を伸ばした形。

雲の上を空中で、上値を伸ばそうという形。
(MACDは、プラス圏が0に近づいてきている。RSIは、横ばいだが、60%近く。)

 

 

「日足」:

じりじり上昇中。
MACDは、プラス圏真っ最中RSIは、50%。)

 

 

「週足」:

下ヒゲの陽線形成中。
MACDは、マイナス圏真っ最中RSIは、下から50%に向かっている。)

 

「月足」:

長い長い陽線形成中。
MACDは、マイナス圏RSIは、30%の上を横ばいだが、若干上向き。)

 

 

今日の予想値からの戦略へ

前日のレンジ幅の「78.95」辺りでレジスタンスになっていることから、まだまだ上値は重い。

上昇の場合

「78.95」「79.35」「79.91」

 

 

下落の場合

「78.50」「78.25」「78.00」「77.75」

 

 

レンジ幅

小幅の場合:「78.50」~「78.95」
中幅の場合:「78.25」~「79.35」
大幅の場合:「78.00」~「79.91」

 

 

結論(朝方時点)

1、予想

「レンジ」>>「上昇」>「下落」
※ >>>~>(強弱)

 

小幅の場合:「78.50」~「78.95」
中幅の場合:「78.25」~「79.35」
大幅の場合:「78.00」~「79.91」

 

 

2、攻めるなら

1、「78.50」に近づけて、買い

2、「78.70」くらいで、売り

3、「78.30」辺りで、買い

 

 

3、安全を取るなら

1、78.00にできるだけ近づけて、買い(ただし、下落に勢いがある場合は別)

 

 

注意点

NYダウは、4時頃、100ドル以上急騰。
原油は、プラス。

金価格も上昇。

 

 

ポジション取り

上昇基調だが、上値もまだまだ重い。

しかし、買いポジションで臨む。

 

 

利確と損切り

まだまだジワジワ上昇が続いている。

こういう時には、ストン(下落)があり得るので、買いポジにも特に「損切りが必要である」。

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました