スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。
↓FX関連記事のブログランキングを知りたければ、ここをクリックすると見れます。

今月の予想と戦略 1月「月足編」

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

 

 

↓動画配信中(下をクリックするとYouTube見れます♡)

今月の予想と戦略 1月 「月足編」
こんにちは 亀1000人 です FXで勤め人+αが最強 または 卒業して余裕時間 今月の予想と戦略 1月 「月足」 ( スイング ) をお送りします 【ブログ】 【ツイッター:Twitter】 FX:今月の豪ドル...

 

先月12月の月足

先月の12月は、雲の下限からの陰線。

それも8月~11月までの値幅を超えた上下ヒゲのない陰線になった。

 

「月足」:H高値(83.901)~L底値(77.152)、値幅が「6.749」であった。

Oオープン値(83.846)~Cクローズ値(77.306)、値幅が、「6.54」であった。

 

 

今月1月の月足

1/13(日)現在の「月足」:

 

H高値(78.348)~L底値(69.922)、値幅が「8.426」になっている。

 

Oオープン値(77.242)~Cクローズ値(78.302)の値幅が、「1.06」である。

 

下ヒゲの長い長い陽線形成中。

 

 

これまでの月足の値幅

※ 以下は高値と底値の値幅

 

1月の現在の値幅「8.426」

12月の値幅「6.749」

11月の値幅「3.39」
10月の値幅「3.913」
9月の値幅「3.813」
8月の値幅「3.485」
7月の値幅「2.943」
6月の値幅「3.905」
5月の値幅「3.452」
4月の値幅「3.25」
3月の値幅「4.027」
2月の値幅「5.342」
1月の値幅「1.875」

現在のところ、今年の「月足」の最大値値幅は「8.426」、最小値幅は「1.875」、平均値幅は「4.20」である。

 

これまでの月足のストーリー

【直近では】

昨年の9月に、底値「78.686」をつけ陽線、10月は約同じ値幅の陰線。

11月は、若干上値を伸ばし、12月は雲の下限に達したことで、雲の中へ突入か?と思ったが、9月の底値を超え下落し、長い長い陰線になった。

1月は、御存じの通り、下ヒゲの長い長い針状の(現在)陽線を形成している。

 

【もう少し長い時間では】

2016年6月に、底値「72.435」をつけ、その月は長い下ヒゲをつけ、その後は徐々に上昇していった。

 

 

1月のストーリー

陽線の場合

「79.70」辺りまで上昇し、下ヒゲの長い長い陽線になり、典型的な上昇基調になりそうである。

 

ただし、12月の底値「77.152」、1月のオープン「77.242」辺りまで下がることもあると思うが。

 

それでも、今後しばらく上昇基調になりやすい。

 

1月の月足の形は、①下ヒゲの長い長い陽線、②下ヒゲの長い長い十字架陽線。

 

 

陰線の場合

現在値から、陰線になるには、1月オープンの「77.242」より、下に行かなければならない。

 

明日1月14日(月)から月の中旬になり、月末まで残り14日間で下落しなければならない。(現在値「78.302」

 

ボリンジャーバンドからは、「73.90」辺りまで下落する可能性はある

 

値幅は、1円程度なので、十分可能な数値ではあるが、現在の所上昇基調であり、形も下ヒゲ陽線になり良い形になっているので、どうなるかは読みにくい。

 

1月の月足の形は、①下ヒゲの長い長い十字架陰線、②下ヒゲの長い陰線。

 

 

オシレータから

MACDは、マイナス圏が継続中。

 

RSIは、昨年の8月頃から30%の若干上辺りで横ばい中。ただし、3日の超下落の後のジワジワ上げで、上向きになっている。

 

 

今月の予想値と戦略

これから下落すると思われるが、直ぐには下落せず、もう少し上下を繰り返しながら上昇し、下落していくと思われる。

 

しかしそのスパンは3月~4月頃になると見ている。

 

 

上昇の場合のレジスタンスライン

「78.70」「79.80」「80.40」

 

 

下落の場合のサポートライン

「76.80」「76.00」「74.55」

「72.435」「69.922」

 

レンジ幅

小幅の場合:「78.70」~「76.80」

中幅の場合:「79.80」~「76.00」

大幅の場合:「80.40」~「74.55」

 

 

週足や日足からの予想

「週足」から:

①先週陽線になったことから、今週も(14日~18日)陽線になった場合、かなりの上昇基調になることが考えられる。)

 

②また、逆に陰線になった場合は下値を攻めることになる

 

このことから、中盤の週足に注目したい。

 

 

日足では:

①現在奇麗なV字型をしているので、上昇基調を思わせる。

しかし、「78.75」辺りにレジスタンスがありそうである。

 

②また、下落の場合は、4日の下限「75.237」くらいまで下落することは十分ある。

 

 

結論(月の中盤を迎える時点にて)

今週の動きで、月足の形が決まると見ている。

今週上げれば、陽線確定的。

現在値「78.30」辺りから上げきれず、今週週足で陰線が付けば、陰線の可能性が高くなり、今後も下落する可能性が強まる。

 

 

注意点

NYダウも、上昇中。

原油も上昇中。

 

NYダウと原油が現在連動しているが、今後は原油や金の方に資金が流れることになれば、連動しなくなる。

 

ポジション取り

今週の週足の様子を見て、月足の予想が立てやすくなって、ポジションを取るほうが良いだろう。

 

 

利確と損切り

今後は景気後退の感じが見え隠れしているので、急な下落を予想押して置く事。

 

よって、「買い」の場合は、早めに利確。

「売り」の場合は、様子を見てだが、資金具合にもよるが、保有でやってみたい。

 

 

格言:「もうはまだなり、もうはまだなり」

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました