↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 12-21

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

前日の日足

O(オープン)「79.952」、(クローズ)「朝方6時半頃79.10付近」で、値幅は「0.85」前後。

H(高値)「80.204」~L(底値)「78.831」で、値幅は「1.373」。

「日足」の形は、陰線になった。

これまでの流れと分析

19日(水)曜日の20時頃から、下落し始めた豪ドル円。

結局昨日も、同じように波打って下落している。

先日は、朝方は小幅の調整から、東京株式市場が始まると下落。

そのポジションを刈るように、欧州時間は上げ上げモード。

「79.35」(15時)から「79.80」(19時)まで。

しかし、後半は下落の始まり。

NY時間が始まっても、その流れは止まらず、「78.831」までいった。

現在「日足」のヒゲをつくるための、調整。「79.10」

裁量トレードをすると、いつも思うのがこのヒゲ部分を狙いたいところ。かなり勝率は良い。(みんなそうだと思うが)

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上を掲載)

12/07(金)
☆ 日本・消費者物価指数(08:30)【重要度3】
☆ ドイツ・GfK消費者信頼感調査 (16:00)【重要度3】
☆ 英国・経常収支 (18:30)【重要度3】
☆ 英国・実質GDP(確報値)(18:30)【重要度3】
☆ カナダ・小売売上高(22:30)【重要度3】
☆ カナダ・実質GDP(前月比) (22:30)【重要度3】
☆ アメリカ・実質GDP(確報値) (22:30)【重要度4】
☆ アメリカ・耐久財受注(速報値) (22:30)【重要度4】
☆ アメリカ・個人所得・支出 (00:00)【重要度3】
☆ アメリカ・PCEデフレータ (00:00)【重要度4】
☆ アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) (00:00)【重要度3】

チャートの分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

「1時間足」:
「下落」
雲の下を離れて、階段状に下落。

(MACDは、小幅のうごきで、マイナスが終わる局面。RSIは、30%あたり。)

「4時間足」:
雲の下を大きく離れて、強い下落中。

ボリンジャーバンドを見ると、典型的な下落真っ最中の形。
MACDは、マイナス圏真っ最中RSIは、30%の下で「売られ過ぎ」状態。これから調整の為の上げる?ということろ。)

「8時間足」:
下落基調。

雲の下を大きく離れている。

下落の圧力が強いところ。
MACDは、マイナス圏真っ最中RSIは、30%以下で「売られ過ぎ」状態。)

「日足」:
雲の下限にから下に少し顔を出し、下ヒゲになっている。
実線は何とか雲の中に入っている状態。
MACDは、マイナス圏RSIは、下向きで30%くらい。)

「週足」:
雲の下限。
直近の安値と同様の、ローソク足を形成中。

今週はこのくらいが限界かな。

「78.561」が最大、前日は「78.831」。

MACDは、プラス圏から0へ。RSIは、50%の上から下へ。)

「月足」:
月の始めは、「窓開け」で「83.901」に達し、厚い雲の下限に接しが、雲の厚さはかなりあり、下落している。現在は陰線形成中。

「83円台」になると、上昇トレンド。「80.50」未満になると、下落トレンドになる。

3月~7月の月足のレジスタンスラインと同じところ。ここから上げてくるかも、という目線を持ち、ここからが勝負時。

時間はかかるのか?←ここまでは上昇目線。

下げの場合でも時間がかかる場合、とりあえず次に目指すは、「78.561。

(先月ヒゲがない長めの陽線になっていることは注視)

「79.821」

形からは、上昇圧力が消し去った形。

これから上昇していくのか?それとも、上昇自体が限界で下落するのか?面白いところ。勿論、今は下落基調モード。

月足のクローズをイメージする事と、ヒゲがどうなるかを想像する事。
11月の月足は、先々月(9月)と先月(10月)より、値幅を増やしているだけでなく、上値を伸ばしている事は頭に入れて置く事。

(MACDは、マイナス圏から0へ向かいつつある。RSIは30%少し上の近くから、平行線。これから「買い」にいくか?「売り」か?の動向。)

今日の戦略と予想状況

さて、本日は週末。

下落の後の「調整」(上昇?小幅の上昇?)となるか?下落幅を伸ばしていくのか?

大変面白いところ。

今日という日は、「週足」が面白くなるところである。

上昇の場合

目先は「79.821」

下落の場合

「78.561」を目指す。

次は「77.30」、「76.775」、「75.60」

最大は、「72.435」

レンジの場合

小幅なら「78.50」~「79.821」
中幅なら「77.30」~「80.20」
大幅なら「76.75」~「81.50」

結論(本日のみ)

本日は週末なので、「週足」のクローズをイメージして、ポジションを取る事は必須。
特にヒゲをイメージする事。

1、予想状況

「レンジ」>「下落」>「上昇」
※ >>>~>(強弱)

「予想レンジ幅」

小幅なら「78.50」~「79.821」
中幅なら「77.30」~「80.20」
大幅なら「76.75」~「81.50」

2、攻めたいのであれば

1、「78円台」で「買い」。
2、「78.50」近くまでは、ナンピン「買い」
3、「79.821」に近づけて、「売り」

3、安全をとるなら

1、「78.55」辺りで「買い」
2、「79.821」辺りで「売り」

※今後、1、2、3、を点数化し、自己評価に活用する。

注意点

NYダウは500ドル-
原油前日1ドル以上-
NYダウと原油が崩れてきている事に注意!

そろそろ下落後の調整があると思われるが、更なる下落の動きがある場合に要注意!!!

ポジション取り

本日は週末。

「週足」のクローズをイメージして、ポジションを取る事。

利確、損切り

利益が乗っている場合に、どこで、「利確する」か?

この場面では、「損切り」はもう決まっている。わかりやすい

「78.50」~「79.821」

(今日のつぶやき):週末のこういう場面でどういう結果になるのかを検証してみたい。

特に、RSIやMACD、ボリンジャーバンドについて考えよう。

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

コメント