スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 12-18

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

 

前日の日足

O(オープン)「81.306」~C(クローズ)「朝方6時半頃80.95付近」で、値幅は「0.356」前後。

 

H(高値)「81.499」~L(底値)「80.829」で、値幅は「0.67」。

 

「日足」の形は、陰線になった。

 

 

これまでの流れと分析

朝方、東京時間、欧州時間始まりの16時頃まで、「81.30」を中心として、超小幅のずっと横ばい。

 

21時頃から、じわっと小幅にやっと動いてきた。下落だ。

 

それでも、ゆっくり。ゆっくり。

 

指標の数も少なく、重要性も低くということがあった。

 

結局NY時間は、小幅だが下落。

 

「80.829」が底値になった。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上を掲載)

 

12/04(火)
☆ アメリカ・対米証券投資 (06:30)【重要度4】
☆ 豪・中銀金融政策理事会議事録 (09:30)【重要度3】
☆ ドイツ・Ifo景況感指数 (16:00)【重要度4】
☆ アメリカ・住宅着工件数(22:30)【重要度3】

 

 

チャートの分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

雲の下をゆっくり階段状に下落している。

これが続くのか?どうかを見極めたいところ。

(MACDは、マイナス圏。RSIは、30%を割り込んで、売られ過ぎ状態。)

 

 

「4時間足」:

現在、直近の底値「80.722」があるので、ダブルをつけるのか?そのまま下がるのか?注目どころ。

MACDは、マイナス圏。RSIは、30%を下回りこれからあがるのか?ということろ。)

 

 

「8時間足」:

直近の「80.722」の底値に近付き、ダブルをつけ上昇するのか?そのまま下がるのか?と言うところ。

(MACDは、マイナス圏。RSIは、下向きで30%に届くところ。)

 

 

「日足」:

雲の下限に達した。

維持できるのか?注目どころ。

MACDは、マイナス圏。RSIは、下向きで40%くらい。)

 

 

「週足」:

ここが勝負所。

MACDは、プラス圏から0へ。RSIは、50%の上を横ばい気味。)

 

 

「月足」:
「窓開け」で「83.901」に達し、厚い雲の下限に接しが、雲の厚さはかなりあり、下落している。現在は陰線形成中。

「83円台」になると、上昇トレンド。「80.50」未満になると、下落トレンドになる。

3月~7月の月足のレジスタンスラインと同じところ。ここから上げてくるかも、という目線を持ち、ここからが勝負時。

 

時間はかかるのか?

下げの場合でも時間がかかる場合、とりあえず次に目指すは、「80.70」~「80.60」。

(先月ヒゲがない長めの陽線になっていることは注視)

形からは、上昇圧力がまだまだ強いように感じる。
これから上昇していくのか?それとも、上昇自体が限界で下落するのか?面白いところ。

月足のクローズをイメージする事と、ヒゲがどうなるかを想像する事。
11月の月足は、先々月(9月)と先月(10月)より、値幅を増やしているだけでなく、上値を伸ばしている事は頭に入れて置く事。

(MACDは、マイナス圏から0へ向かいつつある。RSIは30%少し上の近くから、平行線。これから「買い」にいくか?「売り」か?の動向。)

 

 

今日の戦略と予想状況

チャートの動きを見極めてから、ポジション取りをすすめる。

 

 

上昇の場合

目先は「81.50」越えて、「82円台へ」

上昇したら、「82.25」越え。
次は「82.50」越え、「82.95」。

 

 

下落の場合

「80.70」「80.50」「80.35」「80.00」を目指す。

 

 

レンジの場合

小幅なら「80.70」~「81.50」
中幅なら「80.60」~「82.20」
大幅なら「80.05」~「82.50」

 

 

結論(本日のみ)

1、予想状況

「下落」>「レンジ」>>「上昇」
※ >>>~>(強弱)

「予想レンジ幅」

小幅なら「80.70」~「81.50」
中幅なら「80.60」~「82.20」
大幅なら「80.05」~「82.50」

 

 

2、攻めたいのであれば

1、「80.70」で「買い」、「80.50未満」で撤退。
2、「81.20」に近づけて「売り」
3、「81.30」でナンピン「売り」、「82円台」を超えたら撤退。
4、「80.05」で「買い」

 

 

3、安全をとるなら

1、「80.70」辺りで「買い」
2、「80.05」辺りで「買い」

3、「81.50」で「売り」

 

 

※今後、1、2、3、を点数化し、自己評価に活用する。

 

 

注意点

NYダウは500ドル近く-
原油2ドル前日-

 

NYダウが崩れてきている事に注意!

 

 

ポジション取り

動き(トレンド)がでてから、見極めてからのポジション鳥が良い。

 

 

利確、損切り

「80.70」辺りでは利確をしても良い。

「80.50」未満に行くと、「買いポジションの人」は「損切り」

 

 

(今日のつぶやき):「ノーポジも利益」

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました