↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 12-4

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

前日の日足

O(オープン)「83.846」~C(クローズ)「朝方6時半ごろ未確定だが83.55」で、値幅は約「0.30」前後。

 

H(高値)「83.901」~L(底値)「83.552」で、値幅は「0.349」。

 

「日足」の形は、「窓開け」陰線になった。

 

 

流れと分析

「週明け」の朝方、先週クローズ「83.00」付近から、一気に「窓開け」上昇となり「83.846」からスタートした

 

そこからは、「83.901」まで若干の上昇を見せたが、「窓開け」による、「売り」があり、朝方9時には一旦「83.45」まで下がった。

 

そこからは、調整のための再び「83.20」辺りまで上がったが、そこが限界となり、22時頃からはジワリと、下げてきた。

 

結局はNY時間中盤から後半は、調整の為の「売り」となり、クローズ近くは、「83.55」くらいとなっている。

 

市場が、いつ窓を閉じるのか?様子をうかがっている事だろう。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上を掲載)

 

12/04(火)
☆ 豪・中銀政策金利 (12:30)【重要度4】
☆ アメリカ・地区連銀経済報告(ベージュブック) (04:00)【重要度3】

 

 

チャートの分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

「窓開け」による雲の上で、上下にうごいており、調整中。

(MACDは、マイナス圏真っ最中。RSIは、30%に到達した。)

 

 

「4時間足」:

「窓開け」により、雲の一段上にあがり、階段状になっている。

MACDは、プラス圏。RSIは、70%の横ばいが続いており、買われ過ぎ状態が続いている。)

 

 

「8時間足」:

「窓開け」により、雲の上にあり、一段上になり、階段状を形成しようとしている。

MACDは、プラス圏真っ最中。RSIは、70%を遥かに超え「買われ過ぎ」状態。)

 

 

「日足」:

「窓開け」による陰線。まだ埋まっていない。

(MACDは、プラス圏。RSIは、下から上に上がってきているが、70より下にあり。)

 

 

「週足」:

「窓開け」により、「93.901」に達したが、雲の下限に接しただけで、雲の圧力に押されている。

(MACDは、プラス圏。RSIは、下から70%に近づいてきている。)

 

 

「月足」:

「窓開け」により、「83.901」に達し、厚い雲の下限に接した。雲の厚さはかなりある。

現在は陰線。

(先月ヒゲがない長めの陽線になった)
今週は、12月の初旬。
形からは、上昇圧力が強いように感じる。まだまだ、月足を伸ばすのか?
月足のクローズをイメージする事と、ヒゲがどうなるかを想像する事。
11月の月足は、先々月(9月)と先月(10月)より、値幅を増やしているだけでなく、上値を伸ばしている事は頭に入れて置く事。
(MACDは、マイナス圏から0へ向かいつつある。RSIは30%少し上の近くから、上へ。これから「買い」にいくか?どうか?の動向。)

 

 

 

今日の戦略と予想状況

上記にある時間軸を見ると、まだまだ上昇圧力は強いと感じる。

 

 

上昇の場合

「84円台」を上に超すかが鍵となる。

目先の目指すは「84.533」となる。

 

 

下落の場合

まずは、先週末のクローズ「83.00」に達する事。

「83.00」未満になり、「82.50」辺りに来ると、今度は下落圧力が強くなる。

 

 

レンジの場合

小幅なら「83.00」~「84円未満」
中幅なら「82.50」~「84.10」
大幅なら「82.20」~「84.533」

 

 

結論(本日のみ)

1、予想状況

「レンジ」=「下落」>「上昇」
※ >>>~>(強弱)

「予想レンジ幅」

小幅なら「83.00」~「84円未満」
中幅なら「82.50」~「84.10」
大幅なら「82.20」~「84.533」

 

 

2、攻めたいのであれば

1.「83.50」に引きつけて「買い」、「83.80」くらいで小まめに利確

2、「83.80」に引きつけて「売り」、「84.10」は損切り

3、もうしばらくは、「買い」が続きそうなので、軽めの「買い」と小まめの利確。

 

 

3、安全をとるなら

1.「83.80」辺りで「売り」

2、「83.00」辺りで「買い」

 

 

※今後、1、2、3、を点数化し、自己評価に活用する。

 

 

注意点

NYダウは200ドル越えのプラス。

原油もプラス。

 

 

ポジション取り

もうしばらく「買い」が続くとみられるので、基本「買い」ポジションなだが、いつ「窓埋め」になるかはわからないので、いつでもポジションを閉じられるようにはしておくべき。

 

 

利確、損切り

「売り」と「買い」で小まめに「利確」。

またいつでも、「窓埋め」による「損切り」をするつもりでいる事。

逆に、市場が「売り」を持つ事により、さらに一段上に行って「84円台」になることも想定して置く事

 

 

(今日の一言):「まだはもうなり、もうはまだなり。」の格言があるので、まさしくその状態が続いている。

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント