↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 11-28 リニューアル

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

前日の日足

O(オープン)「81.011」~C(クローズ)「未確定だが6時半現在82.20」で、値幅は約「0.20」前後。

 

H(高値)「82.563」~L(底値)「81.824」で、値幅は「0.739」。

 

「日足」の形は、陽線になった。

 

 

流れと分析

朝方は、「81.80」を下へ目指すかと思ったが、東京時間に少しずつ上昇してきて、遂に欧州時間はじめ15時に「82.15」辺りに乗った。

 

16時には、急上昇?オーバーシュート>「82.56」をつけたが、戻り再びジワジワ上がった。「82.337」。

 

NY時間23時ごろから、調整の下落。「81.92」をつけた。

 

そして、上昇。現在「82.20」付近。

 

結局「レンジ」というとこ。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上を掲載)

 

11/28(水)
☆ドイツ・GfK消費者信頼感調査 (21:00)【重要度3】
☆ アメリカ・卸売在庫(速報値) (22:30)【重要度3】
☆ アメリカ・実質GDP(改定値) (22:30)【重要度4】
☆ アメリカ・新築住宅販売件数 (00:00)【重要度4】
☆アメリカ・週間石油在庫統計 (00:30)【重要度3】

 

 

チャートの分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

雲の上と、雲の中に入る「レンジ」を繰り返している

雲の中に入ると言っても、サポートされている感じ。

(MACDは、マイナス圏。RSIは、現在50%布巾。)

 

 

「4時間足」:

雲の下限に支えられて、上昇したが、上げきれず、雲の上に沿っている感じ

MACDは、プラスだが幅が狭まっている。RSIは、70%を超えた。

 

 

「8時間足」:

雲の中にはあるが、雲の上限付近に沿っている動き

(MACDは、プラス圏。RSIは、上から50%に近づいてきている。)

 

 

「日足」:

雲の上を「レンジ」している

MACDは、マイナス圏。RSIは、上からゆっくり下へ50%に来た。)

 

 

「週足」:

現在は陽線。

MACDは、プラス圏真っ最中。RSIは、50%を横ばい。)

 

 

「月足」:
現在、月の終盤へ向かい、月足は陽線が確定的になってきた。
通常のように、これから上へ行き、普通の陽線になるのか?
月足の終わった形を想像したい。
ここで予想をすると、先月の実線部分があるので、「82.135」の「82円台」が終値になりそう?!。
雲の下にあり、雲の下限にタッチするのは、週足と同じくらいの「83.60」前後。
O(オープン)は「79.881」。
H(高値)「83.046」~L(底値)「79.821」。現在HとLの値幅は「3.225」となっており、先々月(9月)と先月(10月)より、値幅を増やしている。
(MACDは、マイナス圏から0へ向かいつつある。RSIは30%少し上の近くから、上へ。売られ過ぎを示している。これから「買い」にいくか?どうか?の動向。)

 

 

今日の戦略と予想状況

「1時間足」「4時間足」「8時間足」をみると、「雲」という言葉が共通する。「雲」の中、沿って、という状態。

これから、離れる、エネルギーを持っているとみている。

上昇の場合

「82.50」を超える事が、第一条件。

次は「82.80」越え、「83円台」となる。

 

 

下落の場合

「81.80」より下。

次のターゲットは、「81.50」未満。

次は前回の、ポイント「81.20」。

そして、「80円台」、「80.70」となる。

 

 

レンジの場合

小幅なら「81.20」~「82.50」

中幅なら「81.20」~「82.80」

大幅なら「80.60」~「83.10」

 

 

結論(本日のみ)

1、予想状況

「レンジ」>>>「下落」>「上昇」
※ >>>~>(強弱)

 

「レンジ幅」

小幅なら「81.20」~「82.50」
中幅なら「81.20」~「82.80」
大幅なら「80.60」~「83.10」

 

 

2、攻めたいのであれば

1、「82.00」付近で軽めの「買い」

2、「81.90」でナンピン「買い」

3、「81.80」で追加のナンピン「買い」、「81.50」未満で撤退。

4、「82.40」を超えると「買い」

5、「82.80」付近で軽めの「売り」

6、「83.10」でナンピン「売り」、「83.25」を超えると要注意!(余力次第)

7、「81.20」に引きつけて「買い」

 

 

3、安全をとるなら

1、「82.80」くらい引きつけて「売り」

2、「81.60」引きつけて「買い」

3、「81.20」引きつけて「買い」

 

 

※今後、1、2、3、を点数化し、自己評価に活用する。

 

 

注意点

NYダウ100ドル以上プラス、原油プラス。

 

 

ポジション取り

月末であるということ。「調整」期間とみているので、今日も大幅には動かないとみている。

 

 

利確、損切り

下は、「81.80」「81.60」「81.20」

上は、「82.40」「82.80」「83.10」

がポイントだと考えているので、「ポジション取り」、「利確」、「損切り」もそこらへんで、チャートの動向を見て取り組みたいことろ。

 

 

(今日の一言):焦らず、冷静に、遠目から、じっくりと。

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント