↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 11-26 リニューアル

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

前日の日足

O(オープン)「81.913」~C(クローズ)「81.663」で、値幅は約「0.25」前後。

 

H(高値)「81.979」~L(底値)「81.426」で、値幅は「0.553」。

 

「日足」の形は、陰線になった。

 

 

流れと分析

前前々日(木)の「82.232」の高値を後に、「81円台」になった。

 

前日(金)は結果的に言うと、「82円台」に乗せることができなかった。

 

東京時間から、欧州時間の19時まではジワリと下落し、「81.426」辺りまで落ちた。

 

それはNY時間の3時まで底値辺りまで、多少前後して粘り、クローズに向け多少上がった。

 

終値は、「81.663」となった。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上を掲載)

 

11/26(月)
☆ NZ・小売売上高 (06:45)【重要度3】
☆ ドイツ・Ifo景況感指数 (18:00)【重要度4】
☆ドイツ・小売売上高 (00:00)【重要度3】

 

 

チャートの分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

雲の下を抜けたが、現在は「81.426」を粘った形。終値は、雲の下限で押さえられた

MACDは、プラス圏。RSIは、下から50%に向かっている。)

 

 

「4時間足」:

上昇後の調整中。レンジに見える。現在は雲の下にあり、離れている。

(MACDは、マイナス圏から幅が狭くなって0に近づいている。RSIは、上から下に30%に近づいている。)

 

 

「8時間足」:

流れ的には、雲の中に入り、一旦雲の上を抜けようとしたが、失敗して再び雲の中に突入した

現在調整中のレンジ。

MACDは、マイナス圏。RSIは、30%の上で近くで迷走中。)

 

 

「日足」:

ヒゲのない長い陰線と陽線の幅の中で、どこの方向へ行こうか?というところ。

MACDは、マイナス圏真っ最中。RSIは、上から下へ落ちてきて、50%にタッチするところ。)

 

 

「週足」:
3週前と2週前の値幅内の陰線。ここからが大事なところ。上にも下にも行ける形

今週は、「83円台」越えは難しそう。

「81.20」を下に行くと下落の可能性が強い。
MACDは、プラス圏真っ最中。RSIは、50%の上にあり、上昇しかけたが少し下を向いているが、上下どちらにも行ける。)

 

 

「月足」:
現在、月の終盤へ向かい、月足は陽線が確定的になってきた。
通常のように、これから上へ行き、普通の陽線になるのか?
下へ向かうのか?面白いところ。

ここで予想をすると、先月の実線部分があるので、「82.135」の「82円台」が終値になりそう。

雲の下にあり、雲の下限にタッチするのは、週足と同じくらいの「83.60」前後。
O(オープン)は「79.881」。
H(高値)「83.046」~L(底値)「79.821」。現在HとLの値幅は「3.225」となっており、先々月(9月)と先月(10月)より、値幅を増やしている。
(MACDは、マイナス圏から0へ向かいつつある。RSIは30%少し上の近くから、上へ。売られ過ぎを示している。これから「買い」にいくか?どうか?の動向。)

 

 

今日の戦略と予想状況

上昇の場合

上昇しても「82.60」辺りがレジスタンスになり、上に抜けるかどうかが鍵。

 

 

下落の場合

まずは、「81.20」がサポートライン。

それをした抜けすると、「80.60」辺りが次のサポートライン。

 

 

レンジの場合

小幅に考えると「81.20」~「82.20」

大きめに考えると「80.60」~「72.60」

 

 

結論(本日のみ)

1、予想状況

「下落」>「レンジ」>>「上昇」

※ >>>~>(強弱)

 

 

2、攻めたいのであれば

1、「81.70」を超えたら「売り」、「82円台」に乗せたら撤退。

2、「82円台」になり安定しそうなら、「買い」

3、「81.20」近くで、軽めの「買い」。下へ行ったら撤退。

4、「81.00」未満で「売り」、「80.60」で利確

5、「80.60」前後で「買い」、「80.50」より下に行くなら撤退。

6、「80.50」未満では、「売り」目線。

 

 

3、安全をとるなら

1、「82.00」近くまでひきつけて「売り」、「82.20」まで行くなら撤退。

2、「80.60」で「買い」、「80.50」未満で「損切り」

 

 

※今後、1、2、3、を点数化し、自己評価に活用する。

 

注意点

1、NYダウが先週末は、170ドル以上マイナスになった。

2、NYダウの「週足」がマイナスで、雲の中に入った。

3、原油が先週末は、長い陰線になった。

4、原油の「週足」が長い陰線になっていて、雲の下へ突き抜け下へ。

 

※ 株価の動向にも注視して置く事!

 

 

ポジション取り

たくさんのポジション取りが想定される、本日になりそうだ。

自分は「買い」で挑むのか?「売り」なのか?_を決めたほうがよさそう。

そうでないと結局、プラスマイナス0と、くたびれ儲けにならないように。

目線は「売り」の感覚である。

しかし、十分流れを見て置く事。

上昇圧力なのか?落ちる圧力なのか?

 

 

利確、損切り

「82.00」「82.20」「81.20」「80.60」というポイントで、ポジション取りによって、「利確」「損切り」を行いたい。

 

 

(今日の一言):「月足」注視!今週で「月足」が決まり、12月の流れに引き継ぐ。

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント