↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 11-23

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

 

前日の日足

O(オープン)「82.103」~C(クローズ)「朝方6時半時点で未確定」だが81.95くらい、値幅は約「0.15」前後。

 

H(高値)「82.232」~L(底値)「81.697」で、値幅は「0.535」。

 

「日足」の形は、陰線になった。

 

 

流れと分析

東京時間朝方では、「82.10」前後を上下したが、10時ごろに「82.00」前後になった。

 

その後、欧州時間には「81.80」前後まで若干下落した。

 

NY時間には、戻して「81.90」前後に落ち着き、本日の値動きは小幅となった。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上を掲載)

 

11/23(金)
☆ドイツ・実質GDP(確報値)(16:00)【重要度3】
☆ユーロ・製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値) (18:00)【重要度3】
☆ユーロ・非製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値) (18:00)【重要度3】
☆カナダ・小売売上高 (22:30)【重要度3】
☆カナダ・消費者物価指数 (22:30)【重要度3】

 

 

チャートの分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

雲の中を入ったり、出たりして、現在は雲の上に沿っている。

(朝方時点で、MACDは、マイナス圏から0になっている。RSIは、50%を超え上に少しだけ向いている。)

 

 

「4時間足」:

時間軸を少しだけ長めに見ると、大きな上昇の後に、雲に触れながら「レンジ」をしているところ。

(MACDは、プラス圏から0へ。RSIは、下から50%を超え70%に近づいてきている。両方合わせ考えると方向感がわかりにくい。)

 

 

「8時間足」:

一旦、雲の中に入ったが、雲の上のへりにある。

(MACDは、マイナスから0へ。RSIは、下から50%にむかっているところ。)

 

 

「日足」:

前々日と前日の大きな値幅の範囲内。

(MACDは、若干のマイナス幅。RSIは、上からもう少しで50%になるところ。)

 

 

「週足」:

現在陰線。

(MACDは、プラス圏。RSIは、50%を少し超えたが迷っているところ。)

 

 

「月足」:
現在、月の終盤へ向かい、月足は陽線が確定的になってきた。
通常のように、これから上へ行き、普通の陽線になるのか?
下へ向かうのか?
雲の下にあり、雲の下限にタッチするのは、週足と同じくらいの「83.60」前後。
O(オープン)は「79.881」。
H(高値)「83.046」~L(底値)「79.821」。現在HとLの値幅は「3.225」となっており、先々月(9月)と先月(10月)より、値幅を増やしている。
(MACDは、マイナス圏から0へ向かいつつある。RSIは30%少し上の近くから、上へ。売られ過ぎを示している。これから「買い」にいくか?どうか?の動向。)

 

 

今日の戦略と予想

本日は週末、「週足」が決まる。

それを考えて、置く事!

また、来週で「月足」が決まる。

それを考えて、置く事!その場合、どういうローソク足になるのかを考える事。特に、前々月、前月、の値幅やHやLについて

 

 

上昇の場合

「82.50」を目指すか、更に上の「82.80」、更に上を目指すのか?

 

 

下落の場合

まずは、「81.20」、そして「81.00」を下へ行けるか?

その次は「80.60」あたり

 

 

レンジの場合

「81.20」~「82.20」

大幅に言うと、「80.60」~「83.00」

 

 

結論(本日のみ)

小幅の「レンジ」または「下落」

 

 

安全をとるなら

1、「81.70」で軽めの「買い」

2、「82.20」で軽めの「売り」

3、「81.20」で「買い」

 

攻めたいのであれば

1、現在値または「82.00」で軽く「売り」、「82.20」近くでも「売り」で、「82.50」近くまで上昇するなら「損切り」

2、「81.70」近くで「買い」、「81.50」より下がりそうなら「損切り」と切り返しの「売り」

3、「81.20」で「買い」

 

 

注意点

NYダウ、原油ともにマイナス

 

 

ポジション取り

焦らず決めて狙った「値」まで待つこと。

「1時間足」「4時間足」などのチャートの流れを見て置く事。

 

 

利確、損切り

思うとおりに行かない場合は、思い切って「損切り」をして置く事。

今日の予想は「レンジ」「下落」としているので、小まめに「利確」をするほうが良い。

また、予想と反して「上昇」となったら、頭を切り替えて、「切り返し」をすること。

 

 

(今日の一言):相場は生き物で、自分が思う通りに行かないことを自覚する事。それに合わせて対応していくこと。

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント