↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 11-15

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

前日の日足(朝方6時半頃の時点)

O(オープン)「82.153」~C(クローズ)「朝方6時半前後未確定だが、82.30くらい」で、値幅は「0.15」前後。

 

H(高値)「82.465」~L(底値)「81.767」で、値幅は「0.698」。

 

「日足」の形は、陽線になった。

 

 

流れと分析

朝方から、東京時間は上げて、9時には「82.465」の本日高値を付け、「買いモード」。

 

欧州時間、夕方17時には、「82.223」から「81.882」まで急落した。

 

そこから、19時くらいから23時まで、再び上昇して「82.346」。

(欧州時間の下落は、東京の上昇分を刈られた感じになる。)

 

そして、再び0時には下落し始めて、3時ごろには本日底値「81.787」を付けた。

 

そこから、また再び上昇して現在「82.30」辺り。

 

結果、上昇3回、下落2回。

 

最近の長めの時間軸での、急上昇と急落をした分の「調整」だと考えている。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上を掲載)

 

 

11/15(木)
☆豪・雇用統計 (09:30)【重要度3】
☆ 英国・小売売上高 (18:30)【重要度3】
☆アメリカ・小売売上高 (22:30)【重要度5】
☆アメリカ・ニューヨーク連銀製造業景気指数 (22:30)【重要度3】
☆アメリカ・フィラデルフィア連銀景況指数 (22:30)【重要度4】
☆アメリカ・新規失業保険申請件数 (22:30)【重要度3】
☆アメリカ・週間石油在庫統計 (01:00)【重要度3】

 

 

チャートの分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

雲を中心に、上下している。

 

 

「4時間足」:

厚い雲の中に突入し始めた。

(MACDは、小幅のプラス圏。RSIは、50%辺り。)

 

 

「8時間足」:

雲の上をホバリング中。どの方向へも考えられる状態。

レンジして、雲にタッチする可能性も十分ある。

(MACDは、マイナスだが、幅が小さくなってきている。RSIは、50%を下に向かっている。)

 

 

「日足」:

陽線ではあるが、上下どこへも行ける状態。

(MACDは、プラス圏で幅は小さくなっているが、再び幅が大きくなる可能性もある。RSIは、70%を維持しているが、これからしばらく維持種るのか?下へ向いていくのか?。)

 

 

「週足」:

現在は陽線。今週は陽線?陰線?と考えたいところ。

雲の下だが、雲にタッチするのは「83.60」前後を頭に入れておきたい。
(MACDは、プラス圏。RSIは、50%近くを上へ向いたところ。)

 

 

「月足」:

現在、月の中旬。

雲の下にあり、雲の下限にタッチするのは、週足と同じくらいの「83.60」前後。
O(オープン)は「79.881」。
H(高値)「83.046」~L(底値)「79.821」。現在HとLの値幅は「3.225」
(MACDはマイナス圏から0へ向かいつつある、RSIは30%少し上の近くから、上へ。売られ過ぎを示している。これから「買い」にいくか?どうか?の動向。)

 

 

今日の戦略と予想

「8時間足」「日足」を見ると、「上昇」「下落」「レンジ」どちらもあり得る。

予想が、難しいところである。

 

 

上昇の場合

「82.50」を上に抜け切れるかが鍵。

抜けると、再び上昇圧力が強くなると予想する。

次は、「82.65」「82.85」。

そして直近最大の難関「83.00」越えての「83.15」くらいまで行くかどうか?である。

 

 

下落の場合

まずは、「81.50」へ向かえるか?どうかである。

そして、「81.30」。

「81.00」未満へ。

最大難関は、厚い雲の下限の「80.75」を下に抜けるか?

 

レンジの場合

「81.65」~「81.45」

「81.35」~「82.85」

 

 

結論(本日のみ)

ハッキリ言って「朝の時点では難しい」ので、ノーポジといいたい。

こんな時こそノーポジというところ

 

チャートの流れを見て!というところ!!だから裁量トレードが良い!!!というところ♡

 

しかし、あえて、言うならばという話で以下の通り。

 

 

安全をとるなら

1、「82.50」を超えてきたら、「買い」。

2、「81.50」より下に来るようなら、「売り」。

 

 

攻めたいのであれば

1、上昇を見込んで「82.05」~「82.25」あたりで「買い」、「82.00」未満になったら、損切り。

2、下落を見込んで、朝方「82.10」以上で「売り」、「82.00」未満になるのを確認したら「売り」、「82.50」を超えたら損切り。

 

 

注意点

NYダウは今日もマイナス。

今日も「レンジ」なら、エネルギーを貯めてくることになるので、そろそろトレンド発生の時期に近づいてきているという事になる。

 

 

ポジション取り

チャートの流れを見て、ポジションを取る。

無駄なポジション取りはしないこと。

 

 

利確、損切り

「レンジ」の視点で、「82.00」を起点に小まめに利確。

「82.50」越え、「81.50」下、トレンド発生で損切り。

 

 

何かこういうのを載せて欲しいというご意見があればお願いします♡

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

コメント