↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 11-14

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

 

前日の日足(朝方6時半頃の時点)

O(オープン)「81.660」~C(クローズ)「朝方6時半前後未確定だが、82.00くらい」で、値幅は「0.40」前後。

 

H(高値)「82.371」~L(底値)「81.385」で、値幅は「0.986」。

 

「日足」の形は、陽線になった。

 

 

流れと分析

朝方から東京時間9時までは昨日の流れを引き継いて、「81.38」まで下落した。

 

しかし、10時頃になると、上昇し始めた。

 

12時ごろになると、「82.25」辺りまで一気に急上昇した。

 

その値幅は約「90銭」!

 

そこからは「82.00」~最大「82.371」をレンジした。

 

NY時間後半には、「81.90」まで行き、現在「82.00」を前後している感じ。

「1時間足」を見ると、雲に押されながら、徐々に値を下げてきたように見える。

 

結局一日を見てみると、一昨日の下落の圧力から、いったん下落はしたが、「調整」の上昇。

 

さらに、先週の時間軸から見ると、急上昇の後の急落、そして上昇という風に「調整」=「レンジ」である。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上を掲載)

 

 

11/14(水)
☆日本・GDP1次速報値 (08:50)【重要度3】
☆中国・小売売上高(11:00)【重要度3】
☆中国・小売売上高(年初来)(11:00)【重要度3】
☆中国・鉱工業生産指数 (11:00)【重要度3】
☆日本・鉱工業生産(確報値)(13:30)【重要度3】
☆ドイツ・実質GDP(速報値) (16:00)【重要度3】
☆英国・消費者物価指数 (18:30)【重要度4】
☆英国・小売物価指数 (18:30)【重要度3】
☆英国・生産者物価指数 (18:30)【重要度3】
☆ユーロ・鉱工業生産指数 (19:00)【重要度3】
☆ ユーロ・実質GDP(改定値) (19:00)【重要度3】
☆アメリカ・消費者物価指数 (22:30)【重要度4】

 

 

チャートの分析

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

雲の中に入ることもあるが、押し流されていく感じにみえる。

雲を中を見ると、目先の上は「82.15」~「82.35」辺り。

 

 

「4時間足」:

雲を見るとわかるように、雲にタッチしたとたんに上昇している。そして、雲の中「82.00」前後へ突入といったところか。

(MACDは、マイナス圏から0へ。RSIは、50%へ向けて上へ。)

 

 

「8時間足」:

空中でホバリング中。

(MACDは、マイナス圏真っ最中。RSIは、50%を下に切って更に下へ向かっている。)

 

 

「日足」:

先々週、先週と急上昇したあと、下落し「調整中」といったところ。

(MACDは、プラス圏真っ最中。RSIは、70%を維持中。)

 

 

「週足」:
現在、先週の長い上ヒゲの部分に実践がない状態。
(MACDは、プラス圏。RSIは、50%近くを上へ向いたところ。)

 

 

「月足」:
O(オープン)は「79.881」。
H(高値)「83.046」~L(底値)「79.821」。現在HとLの値幅は「3.225」
(MACDはマイナス圏から0へ向かいつつある、RSIは30%少し上の近くから、上へ。売られ過ぎを示している。これから「買い」にいくか?どうか?の動向。)

 

 

今日の戦略と予想

「4時間足」からは上へ?

「8時間足」からは下へ?

「日足」からは上へ?

「週足」「月足」からは上へ?

 

 

上昇の場合

上値の抵抗「82.40」、「82.50」を上へ抜けることができるか?が鍵。

その後は「82.85」、「83.10」がレジスタンスライン。

 

 

下落の場合

「81.60」を下に行き、「81.50」未満へ行くことができるが?

 

 

レンジの場合

「81.60」~「82.40」

多めに見ると、「81.35」~「82.75」

 

 

結論(本日のみ)

本日は、「82.00」を中心とした「レンジ」を予想する。

しかし、上昇はゆっくり、下落は急にが当てはまると予想しているので、そのつもりで

 

 

安全をとるなら

1、「81.60」に引きつけての「買い」

2、「82.40」に引きつけての「売り」

 

 

攻めたいのであれば

1、「82.00」前後で「買い」、「82.20」近くで利確。

2、「82.20」近くで軽く「売り」

3、「82.35」近くでナンピン「売り」

4、「81.80」近くで軽く「買い」

5、「81.60」近くでナンピン「買い」

 

 

注意点

1、NYダウは、雲の下の今日も80ドル近くマイナス。

2、原油は大幅安

といった感じで、リスクオフの様子がある。

 

 

ポジション取り

1、予想では「レンジ」とあるが、株や原油を見ると、下落の恐れがあるので、ポジション取りの時には、「損切り」は入れて置く事。

2、「売り」の方が気持ち的に楽かも。

 

 

利確、損切り

利益がのっている人は、「82.35」近くではいったん利確。

損益の人は、「82.50」を超えるのを見てから損切り。

 

 

何かこういうのを載せて欲しいというご意見があればお願いします♡

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント