↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今週の予想 11-12-16

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

 

先週の流れ(11-12-16)

私的なつぶやき

前回までは、自分のトレード結果を載せていたのだが、今回はこの毎日配信している①「今日の戦略(デイトレ)」と、②「今週の予想」について、呟きたい。

 

 

①「今日の戦略(デイトレ)」

「予想部屋」の自己評価についての結果を、良い5~悪い1の5段階評価の結果を考えたい。

 

【週の結果】:

月曜日:自己評価3

火曜日:自己評価3

水曜日:自己評価3

木曜日:自己評価4

金曜日:自己評価4

 

平均自己評価「3.4」となった。

 

 

②「今週の予想」

自己評価2となり、「週トレ(スイング)」はまだまだである。

 

もっと分析力をつけなければならない。

 

「週トレ(スイング)」では、もう少し時間軸を長めに見て、時間差を見ないといけない、と感じている。

 

 

勿論、これはあくまでも自己評価なので、自分に甘いかもしれないし、厳しいかもしれない。

 

ということで、ご了承願いたい。

 

 

先週の流れと「週足」

先週の流れ(日足を見ての曜日ごとストーリー)

まず「日足」のローソク足を見てもらいたい。

 

先々週に「日足」で、雲の上に乗っかり、少し雲を抜けたところでクローズした。

 

その流れで、先週は、月曜日から木曜日まで陽線が4連続出て、金曜日には、やれやれの陰線となった

 

先々週から言えば、6日連続の陽線後にやっと陰線といったところだった。

 

 

「週足」について

「週足」のローソク足は、「上ヒゲの長い陽線」になった。

 

O(オープン)「81.368」~C(クローズ)「82.257」で、値幅は「0.889」になった。

 

H(高値)「83.046」~L(底値)「81.243」で、最大値幅は「1.803」であった。

 

 

ローソク足分析「日足、週足、月足」

日足から考えられるパターン

週の初めは、先週の上がりすぎの調整は考えられる。月曜日~水曜日くらい。

しかし、上昇圧力が強いので、下げも限定定期で調整色が強い。

 

 

1、上昇する場合

目先の上昇目標は、軽めでは「82.25」、そして本命は「83.925」。

次は「84.533」

 

 

2、下落する場合

「81.65」前後を目指し、サポートライン。

次は、「81.00」未満。これが最大のターゲット。

(理由:雲の上限に当たる)

 

 

3、レンジの場合

「81.80」~「83.00未満」

 

 

「週足」から考えるパターン

長期的視点の、2016年の1月頃から見れば、「72.435」~「90.725」の幅のレンジ状態。

 

 

1、上昇する場合

目先は、「83.046」の上を突き抜けて「83.20」辺りまで行ければ更に上昇する可能性が強くなる。

 

「週足」の雲の下限は、「83.60」前後も壁。

 

 

2、下落する場合

「週足」で上ヒゲをつけるパターン。目指すは、上ヒゲ陰線。

「81.243」を目指す。または、それ以下。

 

 

3、レンジの場合

「81.243」~「83.00未満」

 

 

「月足」から考えるパターン

今月(11月)のオープンは「79.881」。

現在時点では(11月9日)、高値は「83.046」、底値は「79.821」、値幅は「3.225」。

 

オープン時と底値の値が、ほぼ同じで、ヒゲがない状態。

(月末までどうなるか?)

 

 

1、陽線の場合

月足の雲の下限にタッチする値は、「83.533」辺り。

①おそらく、先週の高値の「83.046」が高値になる可能性もある。

②または、「83.046」~「83.533」までの上へ行ったとしても、①も同様、上ヒゲ陽線の予想が強い。

 

 

2、陰線の場合

現在の所、陽線になるのは、無理。

(理由:MACDもマイナス圏から、0に近づいてきていて、今後はプラスになる可能性があるから。RSIは、30%から上向きになっている)

 

もしも今月陰線になったら、今後は下落基調になり、強い下落トレンドになる。

 

 

「結論」(今週の予想)

先週までの、上昇による圧力が強いため、基本は「買い」。

 

①レンジ、②上昇、③下落の中の優先順位。

しかし、今週は③はない、と考えている。

 

「レンジ」幅、「81.65」~「82.80」の幅。

82円台でのレンジ

 

 

注意点

「日足」では、8月辺りから見れば、「レンジ」になっている

 

よって、オシレータを見て置く事。

(現在、「日足」のMACDはプラス圏真っ最中。RSIは、70%に達したところ。)

 

よって、これからも「78.561」~「83円台」のレンジになることも考慮して置く事。

 

NYダウは、200ドル下落。原油もマイナス。現在雲の中にあり、今後上がるか、下がるか、株価に連動する可能性が強い

 

 

テクニカル

今週に関して言えば、さほど下がらないと思われる。

しかし、中盤から週末は注意したい。

 

 

ファンダメンタル

今週の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
※(【重要度3】以上のみを掲載)

 

11/12(月)
☆ 【重要度3】以上の指標なし

 

 

11/13(火)
☆ ドイツ・調和消費者物価指数(確報)(16:00)【重要度3】

☆ 英国・雇用統計 (18:30)【重要度4】

☆英国・ILO失業率 (18:30)【重要度4】

☆ ドイツ・ZEW景況感指数 (19:00)【重要度4】

☆ユーロ・ZEW景況感指数 (19:00)【重要度3】

 

11/14(水)
☆日本・GDP1次速報値 (08:50)【重要度3】

☆中国・小売売上高(11:00)【重要度3】

☆中国・小売売上高(年初来)(11:00)【重要度3】

☆中国・鉱工業生産指数 (11:00)【重要度3】

☆日本・鉱工業生産(確報値)(13:30)【重要度3】

☆ドイツ・実質GDP(速報値) (16:00)【重要度3】

☆英国・消費者物価指数 (18:30)【重要度4】

☆英国・小売物価指数 (18:30)【重要度3】

☆英国・生産者物価指数 (18:30)【重要度3】

☆ユーロ・鉱工業生産指数 (19:00)【重要度3】

☆ ユーロ・実質GDP(改定値) (19:00)【重要度3】

☆アメリカ・消費者物価指数 (22:30)【重要度4】

 

 

11/15(木)
☆豪・雇用統計 (09:30)【重要度3】

☆ 英国・小売売上高 (18:30)【重要度3】

☆アメリカ・小売売上高 (22:30)【重要度5】

☆アメリカ・ニューヨーク連銀製造業景気指数 (22:30)【重要度3】

☆アメリカ・フィラデルフィア連銀景況指数 (22:30)【重要度4】

☆アメリカ・新規失業保険申請件数 (22:30)【重要度3】

☆アメリカ・週間石油在庫統計 (01:00)【重要度3】

 

 

11/16(金)

☆アメリカ・鉱工業生産指数 (23:15)【重要度4】

☆アメリカ・対米証券投資(06:00)【重要度3】

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡
何かこういうのを載せて欲しいというご意見があれば「コメント」お願いします♡「コメントを書き込む」は一番下にあります

 

 

コメント