スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

映画で未来を予想しよう 1

余裕時間

私の映画好きの始まり

私は映画が大好きだ

 

今思えば、幼いころ、父と一緒に映画を観に行ったことがきっかけなのかもしれない。

 

パッと思い浮かぶのは、「グレムリン」「E.T.」「グーニーズ」「スーパーマン」「フットルース」、、、。

 

そこから、ベータやVHSなどのビデオが流行り、特にインパクトがあったのは、「TOP GUN」で、当時パイロットになりたかった私は、心が躍った。

 

友人には、中学校卒業して、航空学校へ進学した朋もいた。

 

独身の頃、当時の彼女が映画を観る人だったので、デートするのも映画館が多かった。

 

「氷の微笑」「ダイハード」「007」「ミッションインポッシブル」、、、など、俳優や女優の名前も覚えだした。

 

「トム・クルーズ」「ニコールキッドマン」から始まった。

 

そして、結婚。

 

妻がテレビをほとんど見ない人だったので、私もあまり見なくなり、今度はPCの時代になった。

 

PCにDVDを入れ、PCで画面を見ることが多くなり、TVからは離れるようになった。

 

丁度、「海外ドラマ」が流行りだし、映画好きな私にとっては、最高だった。

 

スタートは、当然と言っていいほど、「24」から始まった。

 

仕事が終わり、TSUTAYAに寄り、海外ドラマを選び、借りてきて余暇の時間をPCの画面に張り付くことが多くなった。

 

いくらTSUTAYAに投資をしたんだろう?妻には注意され、たいへん怒られたことも幾度かあった。

 

そうして、現在に至る。

 

最近は、TSUTAYA生活も少しずつ減って、ネットの「Hulu」で無料で、見ることも多くなった。

 

妻にTSUTAYAにお金を入れ過ぎと、怒られたこともあった中で、妻は無料の映画や動画を観ていて、私にも勧めてもいた。

 

そう考えれば、妻は最先端だったかもしれない。節約家の妻だからこそである。

 

TSUTAYAにある、海外ドラマはほぼ観たと言っても過言ではないほど観まくった。

 

 

なぜ映画好き?

私は、理数系が好きな人間である。

 

だから、SFものが基本的に好き。

 

なぜ、私が映画が好きかと言うと、映画には「未来を想像した、創造されたものだからである。」

 

「未来を予想する」「未来を想像する」「未来を創造する」といったところである。

 

新しいもの好きで、科学の進歩の過程や最先端が好きなので、私にとっては、最高なのだ!

 

映画好きな違った視点で言えば、現実逃避もできる。

 

最近流行りの「仮想」という言葉、や「仮想」系の映画もある。

 

たぶん、それはまさしくそうである。

 

その「仮想系」、の映画も後で紹介もしたい。

 

 

今日の紹介

これからというか、これまで観てきた映画は多数あるが、今日は最近、私が観ている映画を紹介したい。

 

突然、途中だが、シリーズ物の長編になっている「ウォーキングデッド」。

 

 

 

 

 

それも、シーズン9の第5話である。

ウォーキング・デッド
落ちた穴から無事脱出したものの、橋を壊さないためにダリルと別れウォーカーの群れを1人で誘導していたリックは負傷する。その頃、アレクサンドリアにはマギーが到着。ミショーンはニーガンを閉じ込めている入り口の前に立ちマギーを食い止めようとするが、たった1つの希望はグレンを殺した者の死だったという心からの叫びを聞き、独房の鍵を...

 

「ゾンビ」映画である。ゾンビの世界がはこびる中で、人間が生き抜いていく映画である。

 

ゾンビ世界を乗り越え、その中で、対人間にもなり、多々の困難を乗り越えてきた主人公が、やっと落ち着く中での、再びの困難である。

 

本当に今度こそゾンビにやられるというシーンである。

 

また、この続きが気になり、またはまっていくパターンである。

 

「何と上手い!」と言うところであろうか?!





コメント