スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-30

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

前日の日足

O(オープン)「79.340」~C(クローズ)「79.276」で、値幅は「0.064」。

H(高値)「79.762」~L(底値)「79.101」で、値幅は「0.661」。

「日足」の形は、上ヒゲの小さい十字架(陰線)になった。

 

 

流れと分析

東京時間の午前中は、H(高値)「79.50」~L(底値)「79.20」をレンジしていたが、午後から20:00頃まではじりじりと上昇した(高値「79.762」)。

 

いずれも小幅の値動き。

 

その後NY時間の00:00を過ぎると、やれやれの調整のストン(下落)。

 

NYダウも350ドル以上下げた。

 

それにより底値の、「79.101」まで下げた。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

※(【重要度3】以上を掲載)

 

10/30(火)
☆日本・雇用統計 (08:30)【重要度3】
☆ユーロ・消費者信頼感指数(確報値) (19:00)【重要度3】
☆ユーロ・実質GDP(速報値)(19:00)【重要度4】
☆ドイツ・調和消費者物価指数(速報) (22:00)【重要度3】
☆アメリカ・S&Pケースシラー住宅価格(20都市) (21:00)【重要度3】
☆アメリカ・コンファレンスボード消費者信頼感指数 (23:00)【重要度4】

 

 

チャートの分析(東京時間が始まる前の時点)

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

 

「1時間足」:

長い時間実で見ると、レンジをしている。しかし、先週の「78.561」が底になる可能性のある形をしている。

(朝方の時間で:MACDは、マイナス圏。RSIは、70%辺りから50%を下に切ったところ。)

 

 

「4時間足」:

長い時間軸でみると、10月当初にストンと落ちて、レンジ状態で若干だが、下げた感じ。昨日は結局、「79.80」辺りの雲に押されて下げた。が、まだ「レンジ」状態

(MACDでは、プラス圏にいる。RSIでは、30~60%内を上下をしていて、現在は下向き。)

 

 

「8時間足」:

長い時間軸では、大きな「レンジ」。雲の圧力にさらされて、雲にタッチせずに「79.75」で結局下げた形。

(MACDは、小さい幅のプラス圏。RSIは、上がってきて50%。)

 

 

「日足」:

レンジになっていた状態から、若干下を攻めて試している状態

(MACDは、マイナス圏の小幅で、これからプラス圏に行くようにも見えるし、マイナス圏が続くことも考えられる。RSIは、若干上げてきているが弱く、50%より下にあるある。)

 

 

「週足」:

現在は、「79.75」辺りで押さえられていて、「レジスタンス」にもなっている。

(MACDを見ると、プラス圏からの0に近い状態で、どちらにも行ける形。RSIは、30から50の間位でこれもどちらにも行ける状態。)

 

 

「月足」:

O(オープン)は「82.135」。H(高値)「82.474」~L(底値)「79.052」。
現在(10月中旬)から、HとLの値幅は「3.422」。
その値幅の半値は「1.711」で、HとLの半値「80.763」は考慮しておくこと(月足の半分:下ヒゲ陰線想定しておくこと)。
(MACDはマイナス圏、RSIは30%少し上近くの下向き:下落基調である。)

 

 

 

今日の戦略と予想

NYダウが下げたこと、現在月末前、下落基調、という事は押さえておきたい。

 

 

上昇のことを考える

「1時間足」で見ると、雲に支えられ登るのかな?と思わせる。

「4時間足」で見ると、下ヒゲの長い状態。

「8時間足」で見ると、いったん下げて、バウンドとも見れる。

勝負は、「79.90」を抜けて、「80.10」まで行けるか?そのあとは雲の中をさまよい続ける。

 

 

下落のことを考える

目先は、「79.00」を切って下へ行けるか?

次は、「78.50」より下へ

 

 

レンジのことを考える

「79.00」~「79.90」

 

 

結論(本日のみ)

NYダウの下げ、月末という事から、「80.00」未満を見ている

 

安全をとるなら

 

1、基本は「売り」の姿勢で、「79.50」まで引きつけて売り。

2、「79.50」以上の値になったら、様子見。

 

 

攻めたいのであれば

 

1、基本姿勢は「売り」、「79.50」未満では売り。

2、「79.00」以下になれば保有と、Lotを増やす。

 

 

注意点

NYダウが、350ドル以上下げたことと、「日足」チャートも一目均衡表の雲を下に離れてきていることを十分考慮していきたい。

 

 

ポジション取り

東京時間は、ポジション取りは難しい。

下げてきたら、素直に「売り」でよいが、上げてきたら、難しい

 

 

利確、損切り

「79.00」~「79.10」は一旦ポジションをはずしても良い(「利確」「損切り」)。

 

上げた場合の「80.00」以上になったら、「利確・損切り」だけでなく、今後は「上昇を見込んだ戦略に切り替える事」が必要になる。

 

 

(番外編):アメリカ(FAANGボロボロ)

 

 

自己判断をする「参考材料に」♡
人生は、投資は「自己責任で」♡

 

 

コメント