スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-25

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

前日の日足

O(オープン)「79.653」~C(クローズ)「79.247」で、値幅は「0.406」。

 

H(高値)「80.028」~L(底値)「79.161」で、値幅は「0.867」。

 

「日足」の形は、上ヒゲの長い陰線になった。

 

 

流れと分析

東京時間から欧州時間の中盤までは、上げていく雰囲気があったが、21:00から下げてきた。

 

結局、行ってこいであった。

 

NYダウは、マイナスになったことから、株の動きに合わせて動いている。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

 

10/25(木)
☆NZ・貿易収支 (06:45)【重要度3】
☆ドイツ・GfK消費者信頼感調査 (15:00)【重要度3】
☆ドイツ・Ifo景況感指数 (17:00)【重要度4】
☆トルコ・中銀政策金利 (20:00)【重要度4】
☆ユーロ・ECB政策金利 (20:45)【重要度5】
☆アメリカ・新規失業保険申請件数 (21:30)【重要度3】
☆アメリカ・卸売在庫(速報値) (21:30)【重要度3】
☆アメリカ・耐久財受注(速報値) (21:30)【重要度4】
☆アメリカ・中古住宅販売成約指数 (23:00)【重要度4】

 

 

チャートの分析(東京時間が始まる前の時点)

それぞれの時間軸「ローソク足」の分析をして、本日のトレード戦略にしたい。

 

「1時間足」:

「80.00」を超えて「80.20」~「80.50」の値幅の動きがなかったことから、レンジが終わった模様。本日は、上昇圧力は大変弱く、下振れリスクが非常に強い形になっている。

雲の下限の下に行っている。

(MACDは、現在マイナス圏。RSIは、30%未満。)

 

 

「4時間足」:

雲の下を大きく抜けて、かろうじて前日の「79.042」を守っている形で、長めの時間軸を見てみると、降りる階段状になっている(一段下げた形)

(MACDは、マイナスに入った。RSIは、30~50の間で、下向きになっている。)

 

 

「8時間足」:

雲の下限を触ることなく、下落した。下落圧力が強い。

(MACDは、マイナス圏。RSIは、30~50の間にあり下向き。)

 

 

「日足」:

MACDは、30~50の間にいるが、上を向いている。

しかし、上ヒゲ陰線で下落している。

雲の下にいて、前日の底値を割ろうか?という状況。

 

 

「週足」:

直近の「78.686」を目指す形になっている。

(MACDを見ると、プラス圏からの0に近い状態で、昨日の下落で少しマイナス圏に入ってきた。RSIは、30から50の間位で下を向き始めた。)

 

 

「月足」:

O(オープン)は「82.135」。H(高値)「82.474」~L(底値)「79.042」。
現在(10月中旬)から、HとLの値幅は「3.432」。
その値幅の半値は「1.711」で、HとLの半値「80.763」は考慮しておくこと(月足の半分:下ヒゲ陰線想定しておくこと)。
(MACDはマイナス圏、RSIは30%少し上近くの下向き:下落基調が強い。)

 

 

今日の戦略と予想

今日は、指標が多い事と、前日のNYダウが下げたことから、東京時間から、下落する圧力が強い。

 

 

上昇のことを考える

前回や前日の底値「79.05」から上昇することは、考えられる。

その場合は、「1時間足」以上のローソク足で、下ヒゲの陽線が出るかが重要になってくる。

 

 

下落のことを考える

とりあえずの軽い値は、「79.05」であり、次は「78.686」である。

しかし、「79.00」未満になると、更に下に行く可能性も十分ある。

 

 

レンジのことを考える

1、「79.05」~「80.05」

2、「78.686」~「80.05」

 

 

結論(本日のみ)

NYダウの状況、チャートの様子からも、下落基調ばかりの要因である。

よって、基本は「売り」

 

 

安全をとるなら

「売り」ポジションを持っているなら、「79.05」辺りは利食いまたは、保有。

 

「買い」ポジションを持っているなら、「79.00」未満になると、諦めて完全に損切りをすること。

 

 

攻めたいのであれば

1、東京時間からも「売り」

2、「79.80」を80超えるまでは、「売り」!

3、「売り」ポジションは保有

 

 

注意点

現在の状況から、「買い」ポジションを持っている人は要注意!

 

 

ポジション取り

「79.50」前後を引きつけて「売り」ポジションを持つこと。

「買い」ポジションを持つ場合は、危険だが「79.05」辺り(経験上薦めない!)。

 

 

利確、損切り

どちらも

「79.05」

も基準に!

 

コメント