スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今週の予想 10-22-26

FX戦略と予想

 

 

 

 

 

豪ドル円

先週の流れ(10-15-19)

私的なつぶやき

「またまた、微妙なクローズの仕方。」

 

「いやらしい:含みのある終わり方。」

 

「なぜに、80.00前後で終わらない:「日足」雲の中で終えた。」

 

「流石は相場、簡単には読ませない。」上昇を意味している?フェイク?

 

 

先週の「週足」

「週足」のローソク足は、「小さい陽線」

 

O(オープン)「79.738」~C(クローズ)「80.142」で、で値幅は「0.404」になった。

 

H(高値)「80.486」~L(底値)「79.479」で、最大値幅は「1.007」であった。

 

 

流れ

結局は、上値(80.50辺り)を押さえられ、「レンジ」であった。

 

しかし、「4時間足」「8時間足」を見ると、流れは上昇基調。

 

「日足」を見ると、雲の中に入っては、雲より下に出たり、と迷っている感じ。

 

 

ローソク足分析「日足、週足、月足」

「日足」から考えるパターン

1、上昇する場合

「80.50」がカギ。

これよりも上がったら、「買い」の流れ。

 

2、下落する場合

「79.45」がカギ。

これよりも下がったら、「売り」の流れ確定的。

 

3、レンジの場合

現在「レンジ」!(8月頃からみて)

レンジ幅は、「78.686」~「82.795」の大きな幅。

 

オシレータから見ると、MACDはマイナスを終え、プラスになろうかという感じ。RSIも30%にあり、これから上昇しようか?という感じ。

 

 

「週足」から考えるパターン

1、上昇する場合

「80.50」がカギ。

これよりも上がったら、「買い」確定的。

 

2、下落する場合

「78.686」がカギ。

これよりも下がったら、「売り」確定的。

 

3、レンジの場合

現在「レンジ」!(3月中旬頃からみて)

 

「小幅」で見ると、レンジ幅は、「78.686」~「82.50」。

「中幅」で見ると、レンジ幅は、「78.686」~「82.795」。

「大幅」で見ると、レンジ幅は、「78.686」~「84.50」。

 

MACDを見ると、マイナスと、プラスが収縮していて、エネルギーが貯められているとみられる重要な起点。

 

 

「月足」から考えるパターン

今月(10月)のオープンは「82.135」。

現在時点では(10月21日)、高値は「82.474」、底値は「79.052」、値幅は「3.422」(半分は1.711の値幅)。

 

1、陽線の場合

今月、現在の状況から見て、オープン時の「82.135」を上回るのはかなりの至難だと見られる。

 

しかし、そうなった場合の最大は、雲の下限である「83.55」辺りまでだと考えられる。

 

 

2、陰線の場合

長い下ヒゲ陰線になった場合でも真ん中の、「80.763」が肝

 

「78.686」を下に来ると、「77.587」「77.377」「76.791」「76.066」「74.549」「72.435」がサポートライン。

 

 

「結論」(今週の予想)

今週は、月の中旬から下旬に向かう途中、という事を頭に入れる。

 

そして、ローソクの月足から現在の状況は、陰線は濃厚(下落基調)も頭に入れておくこと。

 

今週は下落からの調整とみられる。よって「日足」からみて「レンジ」。(理由:「日足」の8月からの長期視点ではレンジになっているから。)

 

よって可能性が高い順番に言うと、①レンジ、②上昇、③下落である。

 

①レンジ幅は、「79.50」~「80.50」。それを超えると、②へ。

②上昇は、レジスタンスは軽めなら「80.85」未満。

③下落は、「79.10」の次は、「78.686」(それ以降は上記参照)。

 

 

注意点

テクニカル

下落の場合を注意!(「週足」オシレータから、MACDは先週まで+から-になろうか?というところ。RSIは50%未満で下向き。)
(「人が思っているところへ、相場は動かない。」を常に頭に入れておくこと。)

 

 

ファンダメンタル

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

 

10/22(月)

(重要度3以上なし)

 

10/23(火)

(重要度3以上なし)

 

10/24(水)
☆南ア・消費者物価指数 (17:00)【重要度3】
☆ユーロ・製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値) (17:00)【重要度3】
☆ユーロ・非製造業PMI(購買担当者景気指数)(速報値) (17:00)【重要度3】
☆カナダ・中銀政策金利 (23:00)【重要度3】
☆アメリカ・新築住宅販売件数 (23:00)【重要度4】
☆アメリカ・週間石油在庫統計 (23:30)【重要度3】

 

10/25(木)

☆NZ・貿易収支 (06:45)【重要度3】

☆ドイツ・GfK消費者信頼感調査 (15:00)【重要度3】

☆ドイツ・Ifo景況感指数 (17:00)【重要度4】

☆トルコ・中銀政策金利 (20:00)【重要度4】

☆ユーロ・ECB政策金利 (20:45)【重要度5】

☆アメリカ・新規失業保険申請件数 (21:30)【重要度3】

☆アメリカ・卸売在庫(速報値) (21:30)【重要度3】

☆アメリカ・耐久財受注(速報値) (21:30)【重要度4】

☆アメリカ・中古住宅販売成約指数 (23:00)【重要度4】

 

10/26(金)

☆アメリカ・実質GDP(速報値) (21:30)【重要度5】

☆アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) (23:00)【重要度3】

 

10/27(土)

☆ドイツ・小売売上高 (00:00)【重要度3】

 

 

自己判断をする「参考材料」に♡
投資は、人生は「自己責任」

コメント