スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-18

FX戦略と予想

 

 

 

 

 

 

豪ドル円

前日の流れ

H(高値)80.335~L(底値)79.663で、「0.672」の値幅。

O(オープン)80.161~C(クローズ)80.079で、「0.082」の値。

 

「日足」の形は、下のヒゲが少し長い小さい陰線になった。しかし、形は小さい。

 

 

分析

昨日は、80.20を突破し、80.50を抜けるか?と思ったが、何と!79.663まで落下し、スクエア状態に戻った。

 

フェイクだった

 

ここ最近の流れでは、こういう時はほぼ、そのまま80.50まで行くだろうと予想していたところが大半だったのだろう。

 

やはり、「人が思うところへ行かず」が相場だと、昨日の動きを見て強く思った。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

 

10/18(木)
☆アメリカ・FOMC議事録 (03:00)【重要度4】
☆日本・通関ベース貿易収支(08:50)【重要度3】
☆豪・雇用統計(09:30)【重要度3】
☆ 英国・小売売上高 (17:30)【重要度3】
☆アメリカ・新規失業保険申請件数 (21:30)【重要度3】
☆アメリカ・フィラデルフィア連銀景況指数(21:30)【重要度4】

 

 

チャートの足の分析

クローズが、80.00辺りで終わるのではなくて、80.10辺りで、落ち着いているところがまたいやらしい

 

今の現状を表している

 

 

「1時間足」:現在は、80.10辺りで落ち着いていて、少し長めの10月初旬から見れば、長い「レンジ」。雲の上にある。

 

「4時間足」:雲の中に入っている。雲の下限の79.663で跳ね返されて上昇した感じ。しかし、どちらに行こうか?迷っている感じ

 

「8時間足」:まだまだ雲の下限にあり、「レンジ」

 

「日足」:雲の下にいて、雲の中に入ろうか?押し戻されようか?という感じ。

 

「週足」:ローソク足が小さな幅の形。勝負は今日と明日。週足が決まるが、週足という形に限定すれば、どちらにも行ける形

 

「月足」:まだまだ陰線。上昇したと勝てした場合、下ヒゲ陰線を予想すれば、半分の値は80.88辺り。下落は、十分ありえて、まだまだ下落基調

 

 

今日の予想と戦略

現在東京時間からは、週の後半へ向かっている。しかし、月としてはまだまだ中盤戦で、これから月の終盤へ向かうという事は、頭に入れておきたい。

 

「レンジ」状態である事から、MACD、RSIを見ることをしたい。

 

 

上昇のことを考える

80.55~80.80位までだと考える。

 

 

下落の事を考える

現在レンジである事から、「8時間足」では、MACDから現在プラスだが、これからマイナスに向くだろう(今日の夜辺りから)。

 

「4時間」足は見ておくべきで、79.663未満に来ると、下落が非常に強くなることを考えておくこと

 

 

結論

結局、下落するだろうと見ているが、タイミングを重視したい。

 

引きつけての「売り」とは、どのくらいだろう?

 

 

ポジション取りと利確、損切り

80.10~80.20辺りで、「売り」が良いと考えている。

 

「損切り」は上昇を考えて、の所を考慮してほしい。

 

「利確」は80.663を様子を見て、もしくは流れを見て保有。

 

 

注意点

逃げではないが、上記の「人が思うところへ、相場は行かず」は考えておきたい。

 

だから、いつも心の中に?頭の中に?「4勝1敗で、トータルで勝てば上等!」の気持ちで、冷静に対応していきたい

コメント