スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-12

FX

 

 

 

 

 

 

豪ドル円

 

昨日の流れ

前日の下げ分をかぶせるように上昇し、上値を押さえられた感じに下落し、また上昇しようか?という感じ。

 

H(高値)80.151~L79.052(底値)79.091で、「1.099」の値幅。
O(オープン)79.156~C(クローズ)79.900で、「0.744」の値幅。

 

「日足」は少し上ヒゲの長い陽線になった。

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

☆中国・貿易収支(09:00)【重要度3】
☆ドイツ・調和消費者物価指数(確報)(15:00)【重要度3】
☆ユーロ・鉱工業生産指数 (18:00)【重要度3】
☆アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)(23:00)【重要度4】

 

 

チャートの足の分析

「1時間足」:雲を抜けきれずに下落し、上昇を再挑戦しようか?という感じのチャートになっている。

「4時間足」:雲の下を離れて、レンジになっている。また、これからもレンジをしようか?という形に見える

「8時間足」:雲の下にあり、長い日数を見れば、大きなレンジ。そして、この数時間もレンジを示すような形に見える

「日足」:上ヒゲを少し伸ばした陽線。これもレンジに見える

「週足」:週足を見る限りでは、今日は週末とあり、上値も底値も限定的に見える。

「月足」:月足的にも大きな地政学的ニュースでもない限り、上値も底値も限定的に見える。

 

 

今日の予想と戦略

今日は週末。とくに週足を見る限り、動きは限定的に感じる。

 

チャートのそれぞれの時間軸を見ても、レンジ(79.05~80.20の範囲内)のように見える。

 

週足でパターンを考えると、①79.05辺りの陰線で終わる。②下ヒゲの長い陰線。③80.20を超える陽線、か?

 

 

下落の事を考える

これから、おとといの下落の勢い分の力で、下がることも考えられる。

 

最大下落の底値は、78.75くらいまで。

 

 

上昇のことを考える

80.20辺りまで上昇して、結局80.00辺りでクローズする。

 

これを超えたら、来週は上昇モードへ突入する。

 

 

ポジション取りと利確、損切り

東京時間は79.90~79.50の範囲のレンジを予想する。その後、欧州時間で試しの動き、NY時間で決着をつける動きになるだろうと、予想をしている。

 

今日は、レンジだと予想するため、その範囲で上下の幅の利確をしたい。

 

勿論、レンジでない場合の損切りラインは決めて、市場に参入する事。

 

 

注意点

今日は、80.00、もしくは80.20を超えて越週するか「陽線」、「陰線」でクローズするか?は、来週の動きにとって重要なポイントとなる。

 

 

コメント