スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-11

FX

 

 

 

 

 

豪ドル円

 

昨日の流れ

NY時間に(日本時間3時)に大きく下落した。

 

H(高値)80.594~L(底値)79.091で、「1.503」の値幅。
O(オープン)80.226~C(クローズ)79.194で、「1.032」の値幅。

 

「日足」は上ヒゲの長い陰線になった。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】
☆英国・RICS住宅価格指数(08:01)【重要度3】
☆アメリカ・新規失業保険申請件数(21:30)【重要度3】
☆カナダ・新築住宅価格指数 (21:30)【重要度3】

☆アメリカ・消費者物価指数 (21:30)【重要度4】

 

 

チャートの足の分析

「1時間足」:雲を長ーく下に行くように、落ちている。

「4時間足」:雲の下を長ーく下に行くように、落ちている。

「8時間足」:雲の下限をタッチして、最近のチャートではないくらいに、長く下に落ちている。

「日足」:昨日の大きい上ヒゲの伸びた陰線により、下落の可能性が大きくなった。目先の下限は、78.686.

「週足」:昨日の下落で、今日は木曜日。明日で週末という事で、明日までに78.686を目指す、と言っていいだろう。(これを更に下に行くことも考える事)

「月足」:月足の下限は、76.650あたり。つぎは、7580~74.390、さらに次は72.435となる。

 

 

今日の予想と戦略

昨日3時に大きく下落した。

 

この落ち方は、エネルギーをためてためて落ちた感じがしてならない。

 

今日は、基本的に昨日の大きく下落した勢いの反発は多少あるが、その上昇も限定的になり(数時間上下をしながら、レンジをして)、結局は下を目指すと考える。

 

 

下落の事を考える

とりあえず、下落基調なので、明日の週末のクローズまでは、78.686辺りをまずはみる。

 

来週あたりも、更に下に行くことも考える。

 

上昇のことを考える

昨日の下落の勢いで、多少の上昇はあるが、引きつけて「売り」を浴びせることが基本。

 

その上昇は深く見て、79.80あたりまで。これを超えることは、まず考えられないが、それを超えてくると、下落終了となることを頭に入れておきたい

 

軽めでは、79.75。

 

 

ポジション取りと利確、損切り

ポジション取りは、基本は「売り」。

 

「買い」は、東京時間までくらいか?と思われる(経験上)。その時は、下落したら必ず「損切りする事」。

 

 

注意点

上昇した場合、上昇にも、昨日の下落のように勢いのある上昇で、79.80を超えてくると、下ヒゲの長い陽線になるので、下落は終了となるので、必ず頭に入れておくこと。

 

今日、時間をかけての上下のレンジになると、ますます下落基調が強くなる。

 



コメント