↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-10

FX戦略と予想

 

 

 

 

 

豪ドル円

 

昨日の流れ

H(高値)80.289~L(底値)79.821で、「0.468」の値幅。
O(オープン)80.131~C(クローズ)80.223で、「0.092」の値幅。

 

「日足」は下ヒゲの長い陽線になった。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

日本・機械受注(08:50)【重要度3】

英国・貿易収支(17:30)【重要度3】

英国・鉱工業生産指数(17:30)【重要度3】

英国・製造業生産高(17:30)【重要度3】

南ア・SACCI景況感指数 (18:30)【重要度3】
☆アメリカ・生産者物価指数(21:30)【重要度3】
☆アメリカ・卸売在庫(確報値) (23:00)【重要度3】

 

これといって、重要指標はない。

 

 

チャートの足の分析

「1時間足」:雲の中にいて、80.30は雲の中の上限なので、それを抜けると、更に上へ行くことが高くなってくる。雲の下限は、80.00あたり。

 

「4時間足」:雲の下を大きく離れて、レンジの形をしているが、朝方の現在は、上へ行こうかどうか試している感じになっている。とりあえずのサポートラインは、79.75あたり。それを下へ行くと更に下へ行くだろう。

「8時間足」:「大きなレンジ」をしめしている。とりあえず現在は、雲の下を少し離れたところ。雲にタッチするのは、80.60辺り。下はまだまだ広い。

「日足」:前日が下ヒゲが長い陽線になっている事から、今日も79.85辺りがそこのようにも見える。よって、下は限定的。しかし、それを超えて下押しすると、下に行くことが限定的になる

「週足」:79.70辺りが、今週の底値になる可能性が出てきている形

「月足」:78.60まで、サポートラインがあるので、まだまだ底値の余地がある。

 

 

今日の予想と戦略

今日の「日足」をみると、動きが限定的になりそうであるが、難しい。よって、ポジションを長く保有することは望ましくない

 

安全を持つなら、ポジションは取らない。流れが出てきてから

 

ポジションをとる(リスクを取るなら)流れを見てからのポジション取りと、利確と損切りをするべきである。

 

下落の事を考える

下値のサポートラインは、79.75辺り。

 

今後、明日?明後日?来週?更に下へ

 

上昇のことを考える

「1時間足」を見ながらが良い。雲の中を抜けて上に行くか?80.50を上を抜けるか?というところ。

 

80.50、80.60が上値のレジスタンスになる。

 

深く見れば、80.75位。

 

 

ポジション取りと利確、損切り

とりあえずの、流れは、下落基調であることを考えること。

 

下に抜ければ、「売り」の可能性が高くなり、更に下に行くので、ポジションを取ることが良い(月足のサポート辺りまで保有する気持ちで、その時は、「損切りライン」も決めておくこと)。

 

 

注意点

自分は、安全策で行くのか?少し「損切り」をしても良いから、ポジションを持つことを望むのか?を決めて、本日は望むことが良い。

 

「ポジポジ病」「休むも相場」という格言も忘れずに。

コメント