スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-9

FX

 

 

 

 

 

 

豪ドル円

 

昨日の流れ

H(高値)80.420~L(底値)79.757で、「0.663」の値幅。
O(オープン)80.219~C(クローズ)80.124で、「0.095」の値幅。

「日足」は十字架の陰線になった

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

☆日本・国際収支(08:50)【重要度3】
☆カナダ・住宅着工件数(21:15)【重要度4】

 

これといって、重要指標はない。

 

 

チャートの足の分析

「1時間足」:前日夜の79.757の底値をつけて、下髭を伸ばし、雲の下限に近付いてきている。

「4時間足」:雲の下限を大きく離れて、下落している。

「8時間足」:雲の中を下に抜けたところで、下ヒゲをつけて、前日底値の79.757辺りを今日も底値にするかのようにも見える東京時間が重要な8時間になる可能性もある。

「日足」:5連続の陰線が続き、少しづつ値幅が狭まってきている事から、さすがに今日は陽線?という場面でもある

「週足」:この週足的には、前日の底値の79.757がいったんの底値か?という形でもある

「月足」:まだまだ先月の底値の78.686には、まだ遠く、下落余地がある。

 

今日の予想と戦略

チャートの「4時間足」~「日足」までは、調整の為の上昇があり得る場面が考えられる。

 

よって、今日は陽線がでる可能性がある。しかし、「月足」や下落の勢い、かたちから、基本は下落なので、「注意が必要で、買いで入る場合は、損切りを」「売りで入る場合も、レバレッジを低くして、小まめの利確と、損切りをしたいところだ。」

 

下落の事を考える

1、先週から、売りポジションを保有している場合は、持ち越しでも良い。

 

2、今日はポジションをいったん閉じて、レバレッジを低くし、上がったところを売りで攻めたい。(低くした場合は、ナンピンでも良い。)

 

 

上昇のことを考える

3、買いポジションの人は、下落基調が強いので、欲張らずに多少上がったところで、損切りを進める。

 

4、売りポジションの人は、いったん利確し、上がったところを引きつけて、レバレッジを低くして、売りをする。

 

 

ポジション取りと利確、損切り

5、今日は、調整と考えているので、いったん利確と損切りをすることが望ましい。

 

6、「買い」は、いったん上昇する可能性も大いにあり、「売り」も79.50を更に下がる可能性も大いにあるので、しっかりチャートをみて、見極めたいところだ。

 

 

注意点

やはり、今日はいったんポジションを閉じて、流れを観察したほうが良いように思う。

 

流れが出て、明日からでも良いとも考えている。

 

 



コメント