スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-8

FX

 

 

 

 

 

豪ドル円

 

先週末「日足」の流れ

先々週、先週と上昇し、上昇した上のほうでレンジを繰り返して、結局は下げた。

 

先週は、火曜日から4日連続下落の陰線。

 

H(高値)80.770~L(底値)79.998で、「0.772」の値幅。
O(オープン)80.543~C(クローズ)80.189で、「0.354」の値幅。

 

「日足」は、上下同じ長さくらいの普通の陰線になった。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

 

今日の重要度3以上の注目指標はない

 

 

チャートの足の分析

「1時間足」:雲の下を離れた、きれいな下落をたどっている。とりあえずの「レジスタンス」は、80.35、80.55(雲の下限)、80.70(雲の中)。

 

「4時間足」:雲の下を大きく離れた下落をたどっている。とりあえずの「レジスタンス」は、80.80(雲の下限)、81.20(雲の中)。

 

「8時間足」:ちょっと厚めの雲を少しだけ下に抜けたところで、落ちるか、雲の中に戻って入っていくかの状態

 

「日足」:雲を下に抜け、下落に入るか、雲の中に戻り、上昇するかの状態

「週足」:下落基調にも、昇基調にも、レンジ基調にも見える。

「月足」:レンジ基調

 

「8時間足」「日足」「週足」「月足」の大きな流れを頭に入れて取引することが、デイトレでも重要だ。

 

また、中期で取引する場合は、引きつけてのポジション取りをする前に、しっかりとした「損切りライン」をもって参入する事。

 

 

今日の予想と戦略

1、本日は、重要指標がない事と、東京時間は祝日とあって、あまり動かない(値幅は少ない)ことを予想する

 

2、1、の理由の時には、何もないからこそ欧州やNYにとっては刈り取るチャンスとなることも想定しておくこと。この場合は、下落すると予想する。

 

 

下落の事を考えると、次のことを考える事

3、4日連続陰線と、重要指標がない事を考えると、調整の為にいったん上昇するが、その後は下落する。「79.65」が底値。

 

4、いったん上ヒゲをつけるが、「79.65」を更に下に行くと、「78.686」が底値。

 

 

上昇の事を考えると、次のことを考える事

5、今日は調整の為の陽線。先週末の底値辺りをつけるが(下のヒゲをつけるが)、上昇するが限界は.80.60、80.70、80.80、80.90と細かいがその辺りがH(高値)になるだろう。81.00を超えることはないだろう。

 

 

ポジション取りと利確、損切り

基本的に本日は、あまり動かないことを予想するので、ポジションを持っている人は、利確するほうが良い。

 

現在は下落基調であるので、「売り」ポジションを持っている人は、保有しても良いが、「買い」を持っている人は、80.60~80.90位に来ると「損切り」をしたい。

 

アゲインストの状態の人は、先週末の底値を来ると、確実の「損切り」をすべき。

 

安全を取る人は、今日は「ノーポジ」で、気持ちをすっきりしたいし、リフレッシュにはもってこいのところ

 

 

注意点

短期的に見ると現在下落基調である。

 

しかし、(上記にある)チャート分析になるように、「8時間足」以上の長期時間軸では、「レンジ」にあるので、上昇も頭に入れておくこと。

 

 

コメント