↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-5

FX戦略と予想

 

 

 

 

豪ドル円

昨日の流れ

H(高値)81.421~L(底値)80.377で、「1.044」の値幅。
O(オープン)81.335~C(クローズ)80.543で、「0.792」の値幅。

 

「日足」は長い陰線になった

 

「1時間足」をみたらわかるように、東京時間からNY時間中盤になるまで、ずっとジリジリ下落してきた。

 

そして、NY時間中盤からはサポートされて上昇した感じ。

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

☆豪・小売売上高 (10:30)【重要度3】
☆アメリカ・貿易収支 (21:30)【重要度4】
☆アメリカ・雇用統計 (21:30)【重要度5】

 

 

チャートの足の分析

「1時間足」:じりじり下げて、大きく雲から離れて、クローズに向けて、サポートされた。やや買われてきた感じ。なので雲の下限にタッチする80.90~81.00まで、上昇する可能性はある

 

「4時間足」:①81.115辺りの雲の下限を突き抜けて、下落した形。②80.377(前日底値)~80.53辺りまで、下にヒゲを伸ばしている形から、このヒゲを境に上昇するか?、③東京時間の4時間足で80.80辺り以下をレンジになれば、更に下落していく可能性大

 

「8時間足」:雲の下限80.532辺りに現在いて、サポートされている。①80.377(前日底値)を切り込みしたへ向かってきたら、更に下落する(底なし)→80.10辺りに来ると可能性大。②逆に、80.377を最後に上昇する可能性もある

 

「日足」:雲の下限を抜けて、下落中の形。①下落の場合、80.10、79.75、79.60が段階的なサポートライン。その下は、79.40、79.20、79.00、78.65になる。78.65以下は底なし沼。

 

「週足」:前日底値の80.377が、まずはサポートライン。①今日は週末なので、下落はいったん、ここで終わりの可能性大。②更に下に行くと。79.70までは可能性はある。③もっと下げなら、78.686まで。

 

「月足」:79.70が第一のサポートライン。次は、78.60。

 

 

今日の予想と戦略

1、今日は週末、週足を決める日という事を頭に入れておくことがまず大事。

 

2、基本は「売り」

 

3、しかし、一旦の上昇可能性は十分ある。

 

4、上昇なら、十分に引きつけて「売り」

 

4、前日底値80.377を更に下を目指すことも十分あり。

 

よって、直近で考えるなら「4時間足」と「8時間足」が重要。

下落のことを考えると、以下のことを頭に入れておくこと

(1)週末なので、前日底値80.377は重要起点。いったん上げて(80.80~80.90あたり)、また下がる。

 

(2)前日が、長い陰線なので、さらなる陰線の可能性も大。79.90~79.70辺りまでを想定。更に言うなら79.50。

 

 

上昇のことを考えると、次のことを考える事

(3)「日足」「8時間足」で見るなら、限界が81.00か(多分それは無理)?

 

(4)「8時間足」は雲の中なので、雲の範囲で言うと、81.355が限界。(「4時間足」でみてもせいぜい、ここが限界かな)

 

 

ポジション取りと利確、損切り

(5)現在ノーポジションならば、80.50辺りを「買い」で拾って、80.80前後で「利確」または、80.377で「損切り」を入れる事。

 

(6)80.80前後なら、レンジの可能性が高いので、「売りと買い」の小銭稼ぎ。(4勝1敗の気持ちで、小銭稼ぎ。)

 

(7)80.80前後まで来なかったら、(「1時間足」「4時間足」でみて)下落基調が強い。ので「売り」。

 

(8)ポジションを持っている人は、(1)~(7)までを参考に、「損切り」と「利確」をすること。

 

 

注意点

81.00以上を行くと、いったん下落は調整モードに入る。来週に持ち越し。

 

さらなる下落の状況が強い。

 

本日は、前日の底値を更に下に行くか?が、来週からの動きの分岐点になると言ってよいくらい、重要になるとみている。

 

ドル円、ユーロ円、ユーロドル、その他のクロス円の様子も注意してみておくべき。

コメント