↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の戦略(デイトレ) 10-4

FX戦略と予想

 

 

 

 

 

豪ドル円

昨日の流れ

H(高値)81.919~L(底値)81.293で、「0.626」の値幅。
O(オープン)81.674~C(クローズ)81.335で、「0.339」の値幅。

「日足」は陰線

 

 

今日の指標

今日の注目指標(時間:日本時間)【重要度1~5】

 

☆豪・貿易収支 (10:30)【重要度2】

☆アメリカ・新規失業保険申請件数(21:30)【重要度3】

☆アメリカ・製造業新規受注 (23:00)【重要度3】

☆アメリカ・耐久財受注(確報値) (23:00)【重要度4】

 

 

チャートの足の分析

「1時間足」雲の下でのレンジを示している。

 

「4時間足」雲の中でのレンジを示しているため、これからの4時間で、81.65辺りを達成するか?抜けるか?上昇基調になるか、下落基調になるか決まるような気がチャートになっている。

 

「8時間足」は雲の上限に接しており、これより下に行くか?決めるシーンである。

 

「日足」は雲の中の幅での陰線になった。これからが勝負の形

 

「週足」は先週の陽線分の、陰線。

 

「月足」は①先月分の陽線をかぶせる様に陰線になるか、②これから陽線になるための下ヒゲを作っているか、のようにも見える。

 

「4時間足」「8時間足」「日足」の事からも、これらの足を重要視するべきである。

 

 

今日の戦略

下落のことを考えると、以下のことを頭に入れておくこと

 

「4時間足」から、81.00を下に抜けるかが重要。

 

「8時間足」から、①81.30を下に抜けるか(雲の中に入るかどうか)がまず第一、②雲の中に入った場合、の下限80.485は注視する事。

 

「日足」81.30から下は、雲の下を抜ける。

 

 

上昇のことを考えると次のことを考える事

81.55~81.60辺りを上に行くか、81.90は「1時間足」の雲の中と、言う事を頭に入れておく。

 

「4時間足」も「1時間足」と同様

 

「日足」では、昨日の陰線の値幅分(上81.90)の雲の中での上限。

 

82.00を超えると、再び上昇基調となる。

 

 

ポジション取りと利確、損切り

ポジション取るときは、82.30をさらに下に落ちることを確認してから、「売り」。下は限りなく保有で、利益を伸ばせる可能性が大。

 

「買い」の場合は、82.60辺りを超えてくるかを確認すると、「買い」と「売り」のレンジを想定。上限は81.90

→更に82.00を超えると、上昇基調へ。

 

 

注意点

下落基調の、面白い展開になってきたと考えている。

 

しかし下落せず、81.30か81.00がレジスタンスになると、いうことも想定しておくこと。

 

ある意味、今月の「月足」の流れを作る重要場面でもある感じ。

コメント