スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日のこれからの予想 10-2 これからNY時間まで

FX

 

 

 

 

豪ドル円

東京時間から現在まで

正直な気持ちを先に言っておきたい。

「よっしゃー、キター、待ってました下げ!」

 

現在22時半

 

先週の前日まで、上昇して、更にじりじりと上がってきて、もっと一段階上がるか?それとも「調整」「利食い」で下落するか?という状況であった。

 

指標としても、対中貿易戦争のやり取り、FMOC、米国とカナダが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で妥結した感じで、とりあえず一段落っというところだった。

 

そこで、東京時間13時~14時の間には 「豪・中銀政策金利 」発表があり、そこ時間頃から一気に下落した。

 

「一時間足」で見ると、

H82.378→L81.892の値幅は、0.486。そして次の1時間足では

H82.027→L81.859の値幅は、0.168。そして次の1時間足では、

H81.933→L81.708の値幅は、0.518。そして次の1時間足では

H81.787→L81.415の値幅は、0.372。そして次の1時間足では

L81.373、というふうに、5時間ほどで値幅「1.005」ほど下げた

 

上げはじりじりゆっくりだが、下げは一気に落ちるという典型例になった。

 

相場の格言に、「落ちるナイフは拾うな」とある。

 

値ごろ感や、感覚で拾って「買い」で入ると、痛い目に合う。

 

 

これからNY時間終了までの予想

私は、今日のこの下げの威力は、結構強いと考えている。

 

よって、今日は82.00には戻さないと見ている。

 

「81.50」辺りで落ち着くと見ている。

 

しかし、これまでの3週にわたって、上昇した経緯もあるので、同じような戻しも考えられるので、NY時間のチャートには中止しておくべきであり、チャートから目を離すなら、ある程度の「損切りライン」を考えておくべきである。

 

 

注意点

やはり注意しておきたいところは、今日のこれからの上げに注意である

 

これまでの経験でも、大きな下落の勢いのバウンドで、その勢いに乗りそのまま値を戻すという事も何度もあった。

 

(更なる注意と注視すべき事)

「4時間足」「8時間足」「日足」「週足」「月足」

 

「4時間足」:雲の中にあり、雲の下限は「81.05」あたり。

 

「8時間足」:雲の上にあり、今日は雲の中に入る様子はあまりないと考えられる。

 

「日足」:81.80の上だと、雲の上。81.80の下だと、雲の中。今日のクローズが雲の上か、下かでは明日以降の予想が全然違ってくる

 

「週足」:22時現在、かたち的に、先週の陽線の逆の陰線の形である。

 

「月足」:かたち的に、現在下げているが、これから上げるための準備ともみられる。→陽線になるための下のヒゲの形のなることも想定しよう。(または、先月の陽線の逆の陰線の形になるかである。)

 

現在、下げて今日の下げは、私の予想としては、限定的になりそうだが、明日からはまだまだ分からない。

コメント