↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の予想(デイトレ) 9-26

FX戦略と予想

 

 

 

 

 

豪ドル円

昨日の流れ

「日足」は小さな陽線

H(高値)82.037~L(底値)81.660で、「0.377」の値幅。
O(オープン)81.798~C(クローズ)81.903で、「0.105」の値幅。

 

指標はいくつかあったが、重要度が低めのものだったのか、今日のFOMCのための準備?様子見?だったのか、値幅は0.377の小幅のレンジで会った。

 

前々日から更に、バンドの幅を狭めている。

 

このようなときは、収縮して一方方向へ動いていくことが多い。

 

この事からも、今夜は動く。

 

NYダウも利益確定の売りが優勢だったようで、安で引けた。

 

原油は、ドル高の72.30ドルで引けました。

 

 

今日の予想

今日の指標

「日米首脳会談」

「8月新築住宅販売件数(23:00)」

「FOMC結果発表(27日3:00)」

「パウエルFRB議長が会見(27日3:30)」

 

「日足」以下は、全てレンジ状態。

 

「週足」は「日足」待ちという感じで、どちらにも動ける体制を整えている。

 

個人的には、「月足」の形から多少下落して、先々週と先週の上昇分を調整して、終えると考えているが、ただの妄想に過ぎない。

 

今日は以下の2つのパターンが考えられる。

 

1、FOMCまでは、動かないと予想する。

 

2、FOMCが動きやすいように、少し動き出して、FOMCにしっかり動く。

 

よって、2つの方法が考え得られる。

 

3、動きが出るまで、ポジションを持たない

 

4、ある意味、重要指標発表までに、小銭稼ぎをして指標前にはゼロポジションにして、動きがはっきりしてからポジションを持つという手もある。

 

 

注意点

現在(朝方)「日足」で雲の上限を抜けるのか?抜けずに下落するのか?掛かっている状況だた。

 

予想は予想、どちらにしてもアゲンストになった場合を想定して、「損切りライン」の明確化と、実行を確実に行う事。

 

(番外編:参考格言)

「休むも相場」

コメント