スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の予想(デイトレ) 9-18

FX

 

 

 

 

 

豪ドル円

前日までの流れ

9月17日(月)「日足」:
H高値80.594~L底値79.948の「値幅は0.646」
Oオープン80.141~Cクローズ80.281の「値幅は0.14」

 

「日足」は結局、小さい陽線となった。

 

「8時間足」は雲の下で落ちるか、上がるが迷っている状態でもあり、目の前に雲の切れ間がある。

 

「4時間足」は雲の上で、雲にサポートされている感じ。

 

「1時間足」は簡単にいえば、レンジ。雲の中で行ったり来たりの状態。

 

欧州時間をから、NY時間中盤までジリ高になり、終わりに近づくにつれ、「利益確定」のためオープン時あたりまで落ちた、という感じに終わった。

 

 

これからの流れ

ニューヨークダウが、トランプ米政権が新たな対中追加関税を17日の株式市場終了後に発表すると伝わったことが売りを誘ったようでもある。

 

今日の東京時間も含め、トランプ政権の対中追加関税発表に、要警戒が必要。

 

これからも、米中追加関税に関して振り回されることがあるだろう。

 

昨日は、先週の上昇による、「調整」といったところ。

 

「月足」をみると、まだまだ「売り」である。

 

 

予想

1、トランプの対中発表により、多少の上下がある。

 

2、10:30に豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表 があるので、動き方向性が出てくる。

 

3、上記の1、2、を含め、先々週の下落、先週の「調整」のための上昇と考えるため、そろそろ下落が始まると予想する

(もう一つ理由をいうならば、「月足」は陰線になると予想しているので、月末へ向け、少しずつ下落していくとみている。)

 

 

注意点

上昇した場合の、注意する値は、「80.798」。これは先週の高値。

 

80.90をくると、81.00をのせてくる可能性が高くなり、81.10を超えると、「月足」の下落は打ち消される感じだ。

 

本日、陰線が出ると、持ち越しでも良いし、下落モードになる。

 

しかし、本日の底値は79.50よりは上と予想するので、そうなった場合は、上がったら「売り」で稼ぎたいところだ。

 

コメント