スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今週の予想 9-17-21

FX

 

 

 

 

 

オージー円

先週のおさらい

先週は、H(高値)80.798~L(低値)78.764の「2.034」の動きであった。
オープンとクローズは、O78.881~C80.130の「1.249」の動き。
ここ最近の値幅としては、普通と考える。

 

先週は「売り」と予想したが、週明けの初日から4連続陽線。

週末の最終日だけが陰線であり、陽線4日、陰線1日であった。

 

日足から見るに、典型的なじり高

市場が、「売り」だと見ていたようで、それによりじり高になったと分析する。

なので、最終日は「利益確定」のためにより、陰線になった(多少のスクエア)と考える。

 

79.90を超え、80.00や80.10をのせた時から、「損切り」と「切り返し」による「買い」が必要で、80.50を前後した時点で(特に1時間足)「利益確定」の「売り」であった。

 

最終日がおいしい日(勝率高く稼げる日)だったと言える。

 

 

基本

「月足」を見ればわかるが、まだまだ「売り」が基本。

 

しかし、「週足」をみると、80.00をのせたことにより、軽めの「買い」が基本。

 

「日足」を見ると、79.70を切るまでは、「買い」が基本。

 

「8時間足」は雲を抜けれず、下落したので「売り」が基本。

 

「4時間足」は雲の中に入っており、深めに考えて80.40(浅めなら80.30)を上に抜けきれなければ、「売り」が基本。抜ければ「買い」が基本。

雲の下限は、79.30前後。

 

「1時間足」は雲の中に入っており、同じく80.40を超えなければ、「売り」が基本。抜ければ「買い」が基本。

雲の下限は、79.90前後である。

 

このように、常に全体の流れは見ておくべき。

 

と言うように、今週はしっかり流れを見ることが、基本となる。

 

ある意味、チャートを見ることができないのであれば、難しい週である。よって、チャートを見れないのであれば、ポジションを持たないほうが良い。

 

上記にある、レンジの幅なら、「買い」と「売り」の儲け時。

(システムトレードのレンジ設定や、トラレピなどは良いかも)

 

 

予想(注意点も含める)

1、先週の「週足」の高値を超えてくるまでは、基本「売り」。

 

2、流れから、週の初めは先週の上昇から、「調整のためのレンジ」がある。

 

3、深めに考えれば79.50(浅めなら79.70)を超えるまでは、基本「買い」。

 

4、「火曜日10:30の指標は要注意」豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表

 

5、指標時は前後に動き、刈り取られないように気を付ける事。

 

6、流れは「売り」という理由から、上がっても81.00~81.10を超えることはないと考える。(しかし超えた場合には、「損切り」すること。上昇モードになる。)

 

7、先々週、先週の週足は越えないと予想する。(よって「損切り」ラインは、上限80.798~下限78.686を超えることはないだろう、と予想するので、この値に+20~30銭を設定する。)

 

押さえておくべき「パターン」

1、先週を超えた、陽線がでる。しかし、そんなに上がれない。理由:下落モードであるから。

 

2、先々週、の底値を超えたらある意味、嬉しい陰線確定!

 

解析

今週の解析ではないが、今月78.60を超えて下落し、月足をクローズするとリスクオフのモードが強くなる。

 

 

【番外編:経験上の話】

本当にあるあるだが、大体自分が考えている事は、皆(大衆)が考えている。

よって予想は当たらない。

 

そう考えると、自分がそうなると予想したことの「逆張り」をすることが、勝てる!儲ける!事になる事がある。

 

「未来を考える」:未来を考え、想定外の事に対応する力をつける事!自分自身を鍛錬する事。この向上心をもち、鍛錬するだけでなく、「克服=実践する人、できる人にしか成功はない」。

 

自分にも言い聞かせている。

 

FXの神髄は「こころ」

コメント