↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!
↓読む前に、読む関心度が高い気持ちになっているならクリックして!

今日の予想(デイトレ) 9-13

FX戦略と予想

 

 

豪ドル円

 

基本

大きな流れ(週足月足)に変わりはないので、「売り」。

 

しかし、前日のNY時間の12時ごろ、約80銭ほど上昇したことにより陽線が出た。

 

陽線は出たが、「日足」レベルでも流れは「売り」の調整のための陽線である事には変わりはない。

 

前日の高値も、「4時間足」の雲に押し戻されていている。

 

懸命の対策を取るなら、まだまだポジションを持たないこと!「売り」の流れが出てから。

 

東京時間をするなら、小銭稼ぎ。

 

欧州、NY時間をするなら、「上昇か?下落か?」の流れを見て、できればNY時間から、今日の結果が大体見えてきてからの、勝負が利益になりやすいだろう。

 

予想

東京時間が始まる現在は、79.80付近である。

 

これからは、「4時間足」の雲を抜けるか、雲に押し戻されるか、の勝負になることが予想される。

 

勝負の値は、80.00、または80.10を超えてくるか?

 

前日NY時間12時による「1時間足」でも強い上昇であったことから、東京時間は79.80付近でもみ合いのレンジになると予想する。

 

欧州時間、NY時間は?というと、勝率を上げるなら、その東京時間での様子を見てから、が懸命!

 

よって、以下は現時点での今日一日の予想

 

1、昨日の上昇分の利確による下落を消化しての、上昇。

 

2、前日の値幅以上は出ない(ある程度の上下はある)

 

3、前日の底値は出ない

 

という事しか言えない。

 

あえてポジションを取りたいなら、東京時間のレンジで、小銭稼ぎが良いだろう。

 

値幅と値

前日値幅は、H80.005~L79.076であり、0.929値幅。
オープンとクローズは、O79.455~C79748.、0.293値幅

 

最近、この値幅を考えると大きく動いて1円程度だなと思う。

 

(16年やってきての事だが、リーマンショックの時代なら余裕で2円以上動いていた。それも乱高下でボラが高かった。)

 

本日も、前日の動きから、利確や調整での値幅はあると予想している。

 

 

注意

基本は「売り」である事には変わりはない。

 

よって、「売り」ポジションの場合は、80.20まで上昇すると、一度撤退。

 

「売り」の場合、深めで考えるなら、80.30前後で「損切り」

 

「買い」のポジションの場合は、深めで考えるなら、79.30前後で「損切り」

 

儲け話

いつも考える事だが、確実に勝てる時と言うのは、こういうNYの時間に上昇した後、クローズに向けた調整が儲ける事ができるという事。

 

こういう、勝率の高いところではレバレッジを高くして、「即逃げ」が多めの利益が出て、そういう積み重ねが、資産形成につながる、という事。

 

 

コメント