スポンサーリンク
トレード日記

7月23日(金)悪いトレード

最近研究中のドル円で勝負。勝負的なトレードではなく、トレードをしなければならない場面。わかっているけど、ポジポジ病になる、悪いトレード。チキン利食い後の逆張りはいけない典型例。
トレード日記

7月22日(木)悪いトレード

悪いトレード2点 状況:本日は東京時間休日、自分も仕事休み(豪ドル円) 1、急上昇した前日 2、とりあえず調整が起こることはわかる 3、しかしトレンドは上昇(順張り) 4、80.85あたりまでは雲で落ちるこ...
神髄

6月の相場(欧米勢の中間決算)

6月までトレンドが発生していても、6月はいったん調整になりやすい。それはなぜか?という話をしている。ただし、当然相場には絶対というものはないので、あくまでも頭に入れて置く、ということで6月相場に備えておきたい。
神髄

3月の相場(レパトリ)

3月の相場は「レパトリエーション」を考えなければならない。レパトリとは何か。レパトリが起こるとどうなるのか。レパトリが発生するタイミングは?これを知っているのと知らないのとでは、トレードの優位性が違うことになる。まずは基礎からという人のために。
見通し

年末年始は最大級に要警戒

フラッシュクラッシュを覚えていますか?最近の年末年始の動きで目新しい、記憶に新しい動きから、資金を守りたい。そんな気持ちをまず優先的に考えている。やられた失敗は、二度は起こすまい。2度ある事は3度ある。なんてことも思いながら、見通しを持って相場に向き合いたい。
見通し

12月 クリスマス休暇

FXのトレードで、12月の相場で「クリスマス休暇」という「ポジション調整」があるかどうか。見通しを持っておくことと、それが起こるかどうか、の見極めが必要となってくる。
神髄

大相場でのトレードの注意点

上昇トレンドやレンジが続くと、値幅的には落ち着いた感じになるが、いつ何時「大相場」があるかもしれない、来るかもしれない、という危機感を持つ事は大切である。その注意点について。
神髄

大きなイベントがある前の相場(米大統領選)

今年最大のビックイベントの米大統領選を1週間前にひかえ、これまでの動きや、大衆の声、これからの動きについて、いろんな人がいろんな事を言う中で、されど1週間にしたい。トレードはどうしたほうがいいのか?また結果が出たあとも、使えるものにしたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました